F1NEWSの記事一覧

2018/08/17

フェルナンド・アロンソ、カルロス・サインツのマクラーレン加入を祝福

フェルナンド・アロンソは、自身の後任としてマクラーレンに加入することが決定したカルロス・サインツを祝福した。 フェルナンド・アロンソは14日(火)、2019年のF1世界選手権に参戦しないことを発表。その2日後となる16日(木)、マクラーレンはアロンソの後任... 続きを読む

2018/08/16

サインツ「アロンソの後継者になれるなんて夢のよう」。レッドブル入り逃すも、マクラーレンとの契約に喜び示す

 2019年からマクラーレンF1チームに加入することになったカルロス・サインツJr.が、母国の先輩フェルナンド・アロンソのシートを引き継いで、歴史あるチームで走ることは、自分にとって特別なことであると語った。

 レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドが2019年、ルノーに移籍することが決まり、アロンソが来年はF1活動を行わないことが明らかになった後、レッドブル傘下のドライバーとして現在ルノーで走っているサインツが、マクラーレンと2019年からの複数年契約を結んだことが正式に発表された。

 マクラーレン・レーシングのCEO、ザック・ブラウンは、サインツはアロンソの後を継ぐドライバーとして適任であると述べており、サインツ自身も、尊敬するアロンソに代わってマクラーレンに加入することを喜び、チームがトップに返り咲くために貢献したいと意気込んでいる。

「2019年からマクラーレンのドライバーになることを発表する日をついに迎え、とても喜んでいる。以前から検討してきたことだし、自分のキャリアが次の章に進むことに興奮している」とサインツ。

「僕は幼いころからマクラーレンのファンだった。F1で信じられないような実績を挙げてきた、偉大なチームであり、マクラーレンで走ったドライバーたちは、F1の歴史のなかでもヒーローとして位置づけられるような存在だ」

「もちろん、そのなかのひとりがフェルナンドだ。スペインの次世代レーシングドライバーのひとりとして、彼のシートを引き継いで、マクラーレンのマシンに乗ることは、本当に特別なことだ」

「最後になったが、子どものころからの夢をかなえるチャンスをくれたマクラーレンのすべての人たちに感謝の言葉を贈りたい。このチームは将来に向けて長期的なプランを持っている。マクラーレンが再び成功を収めるための旅路において重要な役割を果たしたい」

■再びレッドブル・レーシングのシートを逃したサインツ

 サインツは2014年にフォーミュラ・ルノー3.5でタイトルを獲得し、2015年にトロロッソからF1デビュー、当時のチームメイトはマックス・フェルスタッペンだった。2016年もこのペアが継続されたが、第5戦からフェルスタッペンはダニール・クビアトと交代する形でレッドブル・レーシングに昇格。サインツは自分が選ばれなかったことを悔しがったが、トロロッソで強力なパフォーマンスを見せてクビアトに圧勝、2017年終盤にルノーF1へと移籍した。

 リカルドが2018年末で離脱する決断をしたことで、2019年のレッドブルに思いがけなく空きシートが出た。これはサインツにとってチャンスになるものとみられていたが、トロロッソ時代、フェルスタッペンの関係が良好ではなかったことが、サインツにとって不利に働いたのかもしれない。

 レッドブルは2019年、現在トロロッソ・ホンダで走るピエール・ガスリーを起用する可能性が高いものと考えられる。

マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)

2018/08/16

ルノーF1、マクラーレン移籍が決定したカルロス・サインツに感謝の意

ルノーF1は、2019年にマクラーレンに移籍することが決定したカルロス・サインツに感謝の意を述べた。 マクラーレンは8月16日(木)、フェルナンド・アロンソの後任としてカルロス・サインツが2019年のドライバーを務めることを発表。契約は複数年となり、カルロス... 続きを読む
広告

2018/08/16

マクラーレン、カルロス・サインツの起用を正式発表

マクラーレンは、2019年のドライバーとしてカルロス・サインツを起用することを発表。フェルナンド・アロンソの後任としてチームに加入する。 マクラーレンは8月16日(木)、スペンン出身のカルロス・サインツ(23歳)を2019年のドライバーに起用することを発表。... 続きを読む

2018/08/16

マクラーレン、カルロス・サインツとの複数年契約を発表

マクラーレンは、2019年のドライバーとしてカルロス・サインツを起用することを発表。フェルナンド・アロンソの後任としてチームに加入する。 マクラーレンは8月16日(木)、スペンン出身のカルロス・サインツ(23歳)を2019年のドライバーに起用することを発表。... 続きを読む

2018/08/16

【マクラーレン】ザック・ブラウン「サインツは23歳にして若さと経験を兼ね備えている」

マクラーレン・レーシングは16日、カルロス・サインツJr.が2019年に加入することを正式に発表した。 ■ザック・ブラウン(マクラーレン・レーシング、CEO) 「カルロスがマクラーレンのドライバーとして加わることに非常に […]
広告

2018/08/16

マクラーレン「サインツはアロンソの後任に相応しい」次世代F1ドライバー達の中で卓越した存在、と高く評価

マクラーレンF1チームのザク・ブラウンCEOは、カルロス・サインツJr.の来季起用に際して声明を発表。「サインツはアロンソの後任に相応しい」と述べ、次世代F1ドライバー達の中で卓越した存在だと主張した。 フェルナンド・ア […]

マクラーレン「サインツはアロンソの後任に相応しい」次世代F1ドライバー達の中で卓越した存在、と高く評価byF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

2018/08/16

マクラーレンF1、サインツJr.との複数年契約を発表。チームメイトは明らかにされず

 マクラーレンF1チームは、カルロス・サインツJr.を2019年のレースドライバーに起用することを発表した。契約期間は複数年だということだ。

 レッドブルから貸し出される形で2017年後半からルノーF1チームで走っているサインツは、ダニエル・リカルドの移籍で2018年末でのルノー離脱が決定したが、リカルドの後任としてレッドブル・レーシングに戻ることなく、マクラーレンに加入することが決まった。

 マクラーレンは14日、フェルナンド・アロンソが2019年にF1に参戦しないことを発表しており、空いたシートを獲得する最有力候補は、アロンソと同郷のスペイン出身、23歳のサインツであるとささやかれていた。

 マクラーレンは、16日に発表した声明文において、サインツは「フェルナンド・アロンソに代わる形で複数年契約を結んだ」と述べている。サインツのチームメイトについては明かしておらず、「2019年のドライバーラインアップについては、追ってお伝えする」とのみ記されていた。候補としては、現レースドライバーのストフェル・バンドーン、リザーブドライバーのランド・ノリスらの名前が挙がっている。

広告

2018/08/16

【正式発表】カルロス・サインツ「子どもの頃からの夢が叶った。アロンソの次のスペイン人で光栄」

マクラーレン・レーシングは16日、カルロス・サインツJr.が2019年に加入することを正式に発表した。 ■カルロス・サインツ 「2019シーズンからマクラーレンのドライバーになることをようやく発表できて嬉しく思うよ。僕は […]

2018/08/16

マクラーレン、アロンソ後任にサインツ加入を発表

マクラーレンは2019年のドライバーの1人としてカルロス・サインツの名前を発表した。フェルナンド・アロンソに代わっての起用となる。

2018/08/16

カルロス・サインツ「引退アロンソの後任としてマクラーレンに加入できる事は特別な栄誉」

マクラーレンF1チームは16日、今季限りでF1から引退するフェルナンド・アロンソの後任として、カルロス・サインツJr.の起用を発表。サインツは2019年シーズンより、世界最高峰の舞台で2度もF1の頂点を極めた同様の大先輩 […]

カルロス・サインツ「引退アロンソの後任としてマクラーレンに加入できる事は特別な栄誉」byF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

広告

2018/08/16

【正式】マクラーレン、カルロス・サインツ獲得を発表

マクラーレン・レーシングは16日、カルロス・サインツJr.(現ルノー)が2019年に加入することを正式に発表した。 マドリード出身のサインツ(23歳)は、フェルナンド・アロンソの代わりとしてマクラーレンと複数年契約を結ん […]
広告

2018/08/16

マクラーレンF1、引退のアロンソに代えてカルロス・サインツJr.の起用を正式発表

マクラーレン・レーシングは2018年8月16日、カルロス・サインツJr.とのF1レギュラードライバー契約締結を正式発表した。今季限りでルノーとのレンタル契約が終了するサインツは、2019年シーズンのF1をマクラーレンから […]

マクラーレンF1、引退のアロンソに代えてカルロス・サインツJr.の起用を正式発表byF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

2018/08/16

フェラーリはライコネンをキープすべきとビルヌーブ

ジャック・ビルヌーブの考えによると、フェラーリはシャルル・ルクレールを昇進させるのではなく、キミ・ライコネンに2019年の新契約をオファーすべきだという。
広告

2018/08/16

「ランキング4位が現実的な目標」ロッシ、ドゥカティ勢の追い上げ予想

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、今季8レースを残した段階でランキング2位につけているものの、ドゥカティ勢がさらに勢いを増してくると予想。ランキング4位を獲得するのが現実的な目標だと語った。  ロッシは今季、第11戦オーストリアGPを終えた時点で優勝こそないものの、5度の表彰台を獲得するなど安定してトップ5フィニッシュを続けてきた。しかし今季5勝を記録しているポイントリーダーのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)とは59ポイントの大差をつけられている。  ロッシを追うランキング3位、4位にはドゥカティのファクトリー勢が続いている。オーストリアGPでは、レッドブルリンクを得意とするドゥカティ勢が躍動し、ホルヘ・ロレンソが優勝。アンドレア・ドヴィツィオーゾが3位となった。  対するロッシは予選Q1を突破できず14番手スタート、追い上げて6位まで挽回したが、ドゥカティ勢との差は縮まる結果となった。ロッシとの差はそれぞれ、ランク3位のロレンソが12ポイント、ランク4位のドヴィツィオーゾが13ポイントとなっている。  次戦イギリスGPの舞台となるシルバーストンは、加速を苦手とするヤマハのバイクにとって、ストップ&ゴーのレッドブルリンクよりも相性の良いサーキット。オーストリアGPでの”悲惨な結果”が繰り返されることはないと予想されるが、ロッシはロレンソかドヴィツィオーゾが優勝を勝ち取り、チャンピオンシップ上で自身を追い抜く可能性が高いと考えているようだ。 「現実的には、ドゥカティは2台ともが僕を打ち負かすと思う。彼らは(ポイント上)近いところにいるし、とても速いからだ」とロッシは話した。 「ほとんど全てのコースで表彰台を争うのは素晴らしいことだが、今年は3人のライダー(マルケス、ロレンソ、ドヴィツィオーゾ)が速い。だから厳しいだろう」 「だけどトライしてみる必要があるし、次の数レースはコーナーが多い。彼らに近づけることを願っている」 「昨年のシルバーストンのレースは素晴らしかった。僕はフロントロウからスタートして、トップをキープした。16周をリードし、ある時点までは勝てると思っていた。でも、ドヴィツィオーゾと(チームメイトのマーベリック)ビニャーレスが僕を倒した」 「僕たちは(シルバーストンで)速いはずだ。だけど、マルケスやドゥカティの2台が昨年よりも速くなっているかを見極める必要がある」  イギリスGPに先立ち、ロッシは日曜日にミサノでテストを実施する予定となっている。さらにその後、アラゴンで行われるテストにも彼は参加するようだ。  ロッシは、今月初めにブルノで行われたレース後のテストでバイクの改善を実感できなかったこともあり、今後のテストでも大きな進歩が得られると期待してはいないようだ。 「重要なのは、何かを試すことだ」と彼は語った。 「ミサノ(第13戦サンマリノGP)は僕のホームレースだから大切だ。だけど、僕はこれら2度のテストで大きな前進ができるとは思っていない」 「昨年は負傷していてミサノでレースができなかったので、僕を見に来るファンのためにも、良い結果が得られれば素晴らしいと思う」 Additional ... ... 読み続ける

2018/08/16

アロンソの気持ちもよく分かるとフラビオ・ブリアトーレ

元F1チーム代表のフラビオ・ブリアトーレが、長年にわたってマネジメントに関与してきたフェルナンド・アロンソがまたF1に復帰する可能性もあると示唆した。 かつてベネトンとルノーでチーム代表を務めていたブリアトーレだが、ルノ […]
広告

2018/08/16

フラビオ・ブリアトーレ 「アロンソはF1へのモチベーションを失った」

フェルナンド・アロンソのマネジメントに関与しているフラビオ・ブリアトーレは、アロンソがF1を離れるという決断をしたのはF1へのモチベーションを失ったためだと説明。だが、フェルナンド・アロンソがF1に戻ってくる可能性はあると語った。 マクラーレンは8月14... 続きを読む

2018/08/16

リカルドを迎えるルノーF1、勝利達成は2020年以降と予想

 ルノー・スポール・レーシングのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、ルノーとダニエル・リカルドが優勝できる態勢になるのは2020年からであり、その後、世界タイトルへの猛攻が始まると予想している。

 リカルドの2019年ルノー入りという衝撃的なニュースはF1界では複雑な思いとともに受け止められた。彼のリスキーな決断を称賛する声もあれば、この移籍が彼のキャリアの後退になると見る向きもある。

「彼が我々と契約したという事実は、トップチームに追いつくプロセスを加速させるという我々の決意を証明するものである」とアビテブールはAuto Motor und Sportに述べた。

「また、我々がこの2年半に成し遂げてきた仕事が認められているということでもある。ダニエルの才能とカリスマ性は我々にとって大きなボーナスだ。我々は彼からの信頼に対して可能な限りベストなマシンを与えることで報いなければならない」

 資金を増やし、運営体制の改善に努めているルノーは、2年のうちにトップ集団に挑むことが可能になると、アビテブールは考えている。一方で、リカルドがチームに加わる最初の年には優勝できる見込みは薄いとも示唆した。

「リカルドを迎えての大きな目標は、2021年にタイトルを賭けて戦うことだ。また、彼が2020年にはレースで優勝できるようになることを期待している」とアビテブールはフランスのAuto Hebdoに語った。

「ニコ(・ヒュルケンベルグ)についてもそうだが、29歳や30歳といった年頃のドライバーたちは、走ることだけが望みではない。それより上の目標を持っているのだ」

「誰もがそうではないが、彼らふたりにはそれが当てはまると私は考えている」

■ルノーF1ボス「エンジン面ではトップに立てる。改善すべきはシャシー」

 メルセデスやフェラーリと先頭集団で戦うには何が必要か話すなかで、アビテブールはエンジンよりもシャシーの面でチームは大きな改善を行う必要があるとの考えを示した。

「エンジンは、ポールポジションを獲得し、レースで優勝し、タイトルを賭けて戦うのに十分なものだ。レッドブルがそのことを証明している」とアビテブールは主張した。

「トラブルがなければ、彼らは今頃、タイトルを争える位置にいただろう。彼らのトラブルのうち、エンジンに関するものはたった2回だ」

「我々は予定どおり、上位に追いつきつつある。2019年にはメルセデスとフェラーリに追いつき、もしかすると追い抜くことさえできるかもしれない。私はそう確信している」
「パフォーマンスの向上には満足している。信頼性の面ではまだだがね。一方、シャシーについては、まだ空力面で後れをとっている」

広告

2018/08/16

フェルナンド・アロンソの後任はカルロス・サインツで確定との報道

フェルナンド・アロンソが今季限りでF1から離脱することが発表されたが、マクラーレンはその後任として2019年にカルロス・サインツ(ルノー)と契約を結んだようだと報じられている。 この情報についてはすでに複数のメディアが報 […]
1 2 3 4 5 971