マイクロソフト、Windows Vistaのサポートを終了

 

マイクロソフト、Windows Vistaのサポートを終了

開発の仕事をしていると、ようOSのサポートの話をされる事がある。
多くの場合、企業で古いパソコンを使い続けていて、そのOSのサポートが切れるというニュースになって初めて慌てだす。

確かに、Vita や 7 のサポートが切れるのは困る場合が多い。セキュリティリスクが増えるのは間違いない。更新プログラムも終了する。
しかし、重大なセキュリティに関する更新プログラムは引き続き提供される。オンラインサポートや有償/無償にかかわらずサポートが終了して、コンテンツ系が更新されなくなる。

さて、ここで上の用に、サポート終了がネットニュースで大々的に取り上げて来るような人は、Hotfixをこまめに当てているだろうか?情報をこまめに見たりサポートに電話をかけたり、ネットで質問をしているだろうか?

誤解を恐れずに言えば”NO”である。

それに、Vita搭載パソコンが最後に発売されてから、もうかなりの年月が経過している。メーカのサイトに逝ってもオプションでも選べない。ハードウェアの保守も切れている場合が多い。そんなパソコンを使い続けていて、今更、普段何もしていないVitaのサポートが切れると聞いて、マイクロソフトが悪いって騒ぎ立てるのはどうかと思う。

それに、私の経験則だけど、そういう会社はライセンスの管理も曖昧な事も多い。
いちいち指摘したりしないが、感じでくさそうと思えてします。

そして、一番頭に来るのは、こんな事サポートに電話して聞けばいいのに、”都合がいい開発者”に連絡して聞こうとする態度が気に入らない。無償のサポートじゃないし、正直マイクロソフトの人間でもない。それをいうと、それじゃマイクロソフトに聞いて下さいって言ってくる客も居る。何様のつもりなんだろう。

まぁいい。マイクロソフトはもっと頻繁にOSのサポートやOfficeのサポートを打ち切ってもいいと思う。
それが平穏な状態につながるんだと思う。