【NEWS】中国で導入された「信号無視の防止策」 顔認証で氏名、住所、勤務先まで街頭に表示!?

 

中国で導入された「信号無視の防止策」 顔認証で氏名、住所、勤務先まで街頭に表示!?

ハイテク技術を用いた強硬策が採られ始めている。深圳(シンセン)市など4都市で5月以降「信号無視者顔認証システム」が導入された。これは信号無視をした違反者を監視カメラで録画し、その場でスクリーンで映し出すシステム

テクノロジーの無駄遣い。

今後、スクリーンに違反者の顔だけでなく氏名や住所、勤務先を表示するシステムも出現すると地元メディアは報じています

これを突き進めていくと、”赤信号みんなで渡れば怖くない”が実現してしまう事になってしまう。
中国的な考え方では、プライバシーの侵害を気にするのなら、信号を守れって言われそう。
100%の信頼度が無いと実現できないシステムだと思うのですけどね。全部システムで行うのではなく、どこかで人が介在しないと、怖いと思うのですよね。

SNSで拡散とかを怖がるのではなく、システムの暴走やハッキングを恐れた方がいいと思うけどな。
どんな仕組みになっているのかは、想像できるだろうから、カメラやセンサー部分を少し弄るだけでいろいろできてしまいそうだからな。