F1NEWSの記事一覧

2019/01/19

【MotoGP生中継】ドゥカティ、2019年型プロトタイプマシン『デスモセディチGP19』を披露

ドゥカティ・チームは現地時間1月18日18時(日本時間19日深夜2時)、参戦を開始した2003年からチームの活動を支援するフィリップモリス社の研究所本部があるスイスのヌーシャテルで初めて発表会を実施。その発表会の模様が生 […]

2019/01/19

【MotoGP生中継】ドゥカティ、2019年型プロトタイプマシン『デスモセディチGP19』を披露

ドゥカティ・チームは現地時間1月18日18時(日本時間19日深夜2時)、参戦を開始した2003年からチームの活動を支援するフィリップモリス社の研究所本部があるスイスのヌーシャテルで初めて発表会を実施。その発表会の模様が生 […]

2019/01/18

ジェンソン・バトン、婚約者ブリトニー・ウォードとの間に第1子

2009年のF1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンは、39歳の誕生日を迎える前日18日に、婚約者のブリトニー・ウォードが妊娠したことをSNSを通じて発表した。バトンにとっては初めての子となる。 バトンはF1在籍 […]

ジェンソン・バトン、婚約者ブリトニー・ウォードとの間に第1子byF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

広告

2019/01/18

スポーツ界No.1を決めるローレウス賞にルイス・ハミルトン、日本人では大坂なおみと羽生結弦がノミネート

スポーツ界のアカデミー賞、ローレウス世界スポーツ賞2019の候補者が17日に発表され、昨年5度目のF1ワールドチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトンが「スポーツマン・オブ・ザ・イヤー」に、ハミルトンと共にコンストラクター […]

スポーツ界No.1を決めるローレウス賞にルイス・ハミルトン、日本人では大坂なおみと羽生結弦がノミネートbyF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

2019/01/18

マクラーレン 「拡散したMCL34の画像は“流出”ではなく“偽物”」

マクラーレンは、SNSで拡散した2019年F1マシン『MCL34』の画像は“流出”したものではなく“偽物”であると述べた。 マクラーレン MCL34とされる画像は、マクラーレンのFacebookに掲載され、すぐに削除されたものとしてRedditを中心に拡散したもの。パパイヤオレンジ... 続きを読む
広告

2019/01/18

トヨタ | 2019年 WRC 第1戦 ラリー・モンテカルロ プレビュー

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは、1月24日(木)から27日(日)にかけて開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第1戦ラリー・モンテカルロに、オィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)、ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(... 続きを読む

2019/01/18

【画像・動画:ダカール】トヨタ初の総合優勝!豊田社長「道がクルマをつくる。クルマは人の命を運んでいる」

ダカールラリー2019は1月17日に最終日が行われ、TOYOTA GAZOO Racingのナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)がトヨタ初となるダカール総合優勝をもたらした。アル-アティヤにとっては2015年 […]
広告

2019/01/18

【画像・動画:ダカール】トヨタ初の総合優勝!豊田社長「道がクルマをつくる。クルマは人の命を運んでいる」

ダカールラリー2019は1月17日に最終日が行われ、TOYOTA GAZOO Racingのナッサー・アル-アティヤ(トヨタ・ハイラックス)がトヨタ初となるダカール総合優勝をもたらした。アル-アティヤにとっては2015年 […]

2019/01/18

山本尚貴、2018年モータースポーツ顕彰を受賞…”次世代の4輪を背負う”として角田裕毅に若手賞

三重県鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドは18日、2018年度のモータースポーツ顕彰を発表し、山本尚貴を選出した事を明らかにした。 鈴鹿サーキットでは1987年より、モータースポーツの発展・振興ならびにファ […]

山本尚貴、2018年モータースポーツ顕彰を受賞…”次世代の4輪を背負う”として角田裕毅に若手賞byF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

2019/01/18

フェラーリが成功できるかどうかはベッテルの状況次第

かつてフェラーリ創設者のエンツォ・フェラーリとともにフェラーリF1チーム運営に携わってきた人物が、今年はセバスチャン・ベッテルが“頭”を取り戻すことができるかどうかが重要なカギとなるだろうと語った。 かつて1950年代終 […]
広告

2019/01/18

鈴鹿の夏を彩る2大耐久がモースポでコラボ。”8耐&10H”夕闇をデモラン!

 鈴鹿サーキットで開催される『モースポフェス2019 SUZUKAA~モータースポーツファン感謝デー~』の初日である3月2日(土)に、「8耐×10H トワイライトマッチ」が開催されることが発表された。
 モースポフェスは、トヨタ自動車株式会社と本田技研工業株式会社、株式会社モビリティランド ...読み続ける

2019/01/18

ジェンソン・バトン、ブリトニー・ウォードが第1子を妊娠

ジェンソン・バトンは、パートナーであるブリトニー・ウォードが第1子を妊娠したことを発表した。 道端ジェシカと離婚したジェンソン・バトンは、2016年からブリトニー・ウォードと交際をスタート。昨年6月に婚約したことを発表していた。 「ブリトニーと僕は... 続きを読む
広告

2019/01/18

アレクサンダー・アルボン 「F1カーですぐにペースを発揮することが目標」

2019年にトロロッソ・ホンダでF1デビューを果たすアレクサンダー・アルボンは、今シーズンの目標は“すぐにペースを発揮する”ことだと語る。 ロンドン生まれのタイ国籍のアレクサンダー・アルボン(22歳)は、今年、ブレンドン・ハートレーの後任としてトロロッソ... 続きを読む

2019/01/18

「レッドブル・ホンダもタイトル争いに加わるかもしれない」とメルセデスのボス

メルセデスF1チームを率いるトト・ヴォルフ(エグゼクティブディレクター)は、2019年のタイトル争いはこれまで以上に熾烈なものになると予想している。 2018年シーズンも、メルセデスが5シーズン連続でドライバーズタイトル […]
広告

2019/01/18

メルセデス、フェラーリ&レッドブル・ホンダとの三つ巴のバトルを予想

メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフは、2019年のF1世界選手権ではフェラーリ、レッドブル・ホンダとの三つ巴の接戦が展開されると予想している。 昨年、メルセデスはシーズン中盤にフェラーリがスランプに陥るまで強い挑戦を受けた。フェラーリは、パワーユ... 続きを読む

2019/01/18

トロロッソ・ホンダからF1デビューするアルボン「すぐに速さを示したい」

今季トロロッソ・ホンダからF1デビューを飾ることになるアレクサンダー・アルボンが、目標は最初からすぐにF1マシンのスピードに対応することだと語った。 タイ国籍を持つ22歳のアルボンだが、実際に生まれたのはイギリスのロンド […]

2019/01/18

【マクラーレン】2019年型F1マシンのリーク画像は“ニセモノ”

マクラーレンのFacebookページに2019年型F1マシンと思われる画像が掲載され、その後すぐに削除されたことから、マクラーレンが誤って、もしくは意図的に新車の画像をリークしたのではないかとの憶測がささやかれていた。 […]
広告

2019/01/18

マクラーレン、アロンソのインディ500優勝を目指し経験豊富な人員を揃え体制を構築中

 マクラーレンのCEOを務めるザック・ブラウンは、チームは2019年のインディ500のために経験豊富なスタッフを揃えており、フェルナンド・アロンソをブリックヤードのビクトリーレーンに立たせることは可能であるとの考えを示した。

 マクラーレンとアロンソは5月、再びインディ500に挑む。アロンソはこの挑戦を、自身の2019年シーズンにおける最重要レースと位置づけている。

 2度のF1世界チャンピオンであるアロンソは、2017年に世界最高峰レースへのデビューを果たした。マクラーレン・ホンダ・アンドレッティから参戦したアロンソは闘争的な走りを見せて健闘したものの、その後のエンジントラブルによって、劇的な勝利を逃す結果となった。

 2019年のマクラーレンの挑戦を指揮するのはフォース・インディアF1の元チーム代表で、経験豊富なボブ・ファーンリーだ。また、インディ500優勝経験者で現在はマクラーレンのスポーティングディレクターであるジル・ド・フェランも、プロジェクトの指導役として参画する。

「インディアナポリスは難しい場所だ。やり方を間違えれば苦しむことになる」とブラウンは説明する。

「これまでレイホールが、ペンスキーが、予選落ちしたのを見てきた。2018年には(ジェームズ・)ヒンチクリフを擁したシュミット・ピーターソンも予選で敗退している。チームの土台を正しく築かなければならない」

「我々は予選落ちどころかレースで勝つために努力をしているのだ。そのふたつは真逆だ。我々にはレースでも何度か優勝し、チーム運営もしていたジル・ド・フェランがいる。彼は豊富な経験の持ち主だ」

「チーム全体をまとめる立場のボブ・ファーンリーは、古き良き時代のインディを知っている。彼を招いたのは運営者として素晴らしい能力の持ち主だからであり、インディにおける戦い方が分かっているからだ」

「そして彼は、チームにとって適正なスタッフを集めるうえでの責任者でもある」

 マクラーレンはインディ参戦の詳細に関する発表を、まだ行なっていない。だがブラウンによれば、マクラーレン本拠地のウォーキングに勤務するスタッフを含め、より経験豊かな人材をチームに加えている最中なのだという。

「詳細はまだ発表できないが、スタッフのなかには例えば、過去15年ほどの間に4度インディ500で勝ったエンジニアがいる。彼は今、非常に勢いのある男だ」とブラウンは付け加えた。

「2017年にフェルナンドのマシンを担当したクルーのチーフにも加わってもらった。マイケル(・アンドレッティ)が快く認めてくれたおかげだ。マクラーレンの人材も含めて、非常に経験豊富なメンバーでチームを編成できている」

「多くの人々がインディカーに関わりたい、あるいは過去に関わっていたからと言って、プロジェクトに参画したいと手を上げてくれている」

「当然ながら非常に厳しい戦いになるだろう。だが同時に我々としては、フェルナンドが勝つチャンスを得るために、現在は正しい方向に進んでいるという自信もある」

2019/01/18

MotoGP | 2019年 新車発表スケジュール

MotoGPチームは、今週から2019年マシンの発表会を開始していく。 今季のMotoGPは、チームやドライバーに変化が見られる。チャンピオンチームのレプソル・ホンダには、5度のタイトルを獲得したホルヘ・ロレンソが加入。ヤマハは、タイトルスポンサーがモンスタエナ... 続きを読む
広告

2019/01/18

ノリス、問題の改善に自信を見せるも「2019年の優勝はない」とマクラーレンF1の現状を冷静に分析

 マクラーレンF1チームのルーキーであるランド・ノリスは、周囲からの期待に沿えないことや、2018年の終わりにストフェル・バンドーンが経験したような結末に陥ることについては心配していないという。

 バンドーンは2017年にF1に昇格した際、F1で最も将来有望なドライバーのひとりと評されていたが、状況が和らいだとはいえ、才能を開花させることができないまま24カ月後にF1を去った。

 ノリスを取り巻く騒ぎは、バンドーンがマクラーレンで彼のキャリアをスタートさせた際の幸先の良い様子を彷彿とさせるが、ノリスは前任者の苦境に囚われてはしていない。

「どういう状況だったのか、なぜ彼が最大のパフォーマンスを発揮できなかったのかを語るのは難しい」とノリスはAuto Motor und Sport紙に語った。

「僕はただ自分のことに集中する。もしカルロス(・サインツJr.)が最初のレースで僕を負かしたら、彼がどこで強かったのかを正確に分析してみる」

「僕はシーズン全体で学び適応することができるんだ。今は心配していない」

 新しいシーズンでは、マクラーレンが再度その運命を好転させようと努力する様子が見られることになるだろう。ファクトリーでは過去数カ月にわたって変化の風が吹いており、チームは経営と技術部門の大規模な再編成を行なってきた。

「何が起きているのか感じることができる」とノリスは言った。

「僕はファクトリーにいて、沢山の人に会った。そして今、基盤ができたと思っている。誰もがお互いに自信を持っていて、マシンをどうやって改善していくべきかを理解している」

「それは昨年の僕たちが言っていたことだと分かってはいるけれど、それ以来問題の原因を特定するために、マシンを理解することにとても力をいれてきたんだ」

「同時に、それは一晩でできるような簡単な解決策ではない。僕たちが2019年にレースで優勝することは確実にないだろうね」 

1 2 3 4 5 1,361