F1NEWSの記事一覧

2019/03/26

ミック・シューマッハ、フェラーリでもテストの可能性

ミック・シューマッハが来週バーレーンで行われるF1若手ドライバーテストでフェラーリとアルファロメオの2チームでテストを行う可能性が出てきているようだ。 当初、伝説的元F1ドライバーであるミハエル・シューマッハの息子である […]

2019/03/26

エクソンモービル、ホンダF1を称賛 「ルノーとは異なり対応が迅速」

エクソンモービルは、2019年からレッドブルがホンダのF1エンジンパートナーに加わり、1社のエンジンサプライヤーとの仕事になったことで燃料開発を加速させることができると自信をみせている。 今日のF1では適切な燃料および潤滑油の使用がコンマ数秒の違いを生ん... 続きを読む
広告

2019/03/26

バーニー・エクレストン 「F1に対抗するシリーズについての話はあった」

元F1の最高権威者であるバーニー・エクレストンは、2人のF1チームの責任者とF1に対抗する分裂シリーズを立ち上げる可能性について話し合ったことを明らかにした。 F1の新たなオーナーとなったリバティ・メディアは、より平等な分配金の導入を目指しているが、トッ... 続きを読む

2019/03/26

クビアト「トロロッソ・ホンダのパフォーマンスレベルがより明確に見えてくるはず」/F1バーレーンGPプレビュー

 ダニール・クビアトは、今週末開催されるF1バーレーンGPはトロロッソ・ホンダのパッケージの力を評価するためのいい機会になると考えている。

 2019年開幕戦オーストラリアGPでF1復帰を果たしたクビアトは、フリープラクティスでは常にトップ10周辺を維持、予選は15番手に終わったものの、決勝を10位でフィニッシュ、チームに1ポイントを持ち帰った。

 クビアトは、マシンは強力であるという手応えを得たと、ポジティブにオーストラリアGPを振り返った。

「オーストラリアGPの流れを見ると、とてもいい形でシーズンをスタートすることができたと感じる」とクビアト。

「自分たちがライバルたちと戦える状態であるということがはっきりした週末だったので、チーム全体の自信が高まった。次のバーレーンにポジティブな気持ちで向かうことができる」

「他の中団チームと戦えることは明らかだから、大きな期待を感じるよ。パッケージを向上させ、マシンへの理解を深めるため、引き続き努力していく。僕個人としては、すべてのセッションでマシンのパフォーマンスを最大限引き出せるよう、エンジニアと一緒に取り組んでいく必要がある。それによってバーレーンでどこまでやれるかが楽しみだ」

「オーストラリアでは、チーム全体がとても機能的に動いていることに感銘を受けた。メカニックやエンジニアがそれぞれ自分たちの仕事に集中していた。チームのこういった精神が見られてよかったと思う。今後のレースでもこのアプローチを保っていく必要がある」

■「バーレーンの週末はマシンの力を測る上でいいテストにもなる」とクビアト

 一方でクビアトは、アルバートパークはストリートサーキットで、一般的なトラックではないとして、他のサーキットでマシンのパフォーマンスをチェックする必要があると、慎重な姿勢も見せた。そういう意味でも、バーレーンGPの週末は重要な意味を持つとクビアトは考えている。

「僕はバーレーンでは特にいい結果を出した経験はないけれど、興味深いコースで、走っていて楽しいと感じる。アルバートパークとは全く異なるタイプのサーキットで、真のレーストラックだ。ここでマシンがどういう動きをするかを確認するのはいいテストになるだろう」

2019年F1第1戦オーストラリアGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第1戦オーストラリアGP ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)

「アルバートパークに比べて、バーレーンはF1を開催する他のサーキットに近いので、自分たちの位置やマシンのパフォーマンスレベルについて、もう少しはっきり見えてくるはずだ」

「メルボルンより気温は高くなるだろうし、タイヤのコンディションについても、他のグランプリに近いものを経験できるだろう」

2019/03/26

パスカル・ウェーレイン 「F1での2年間よりも自分をレーサーだと感じる」

元F1ドライバーのパスカル・ウェーレインは、将来的なF1復帰の可能性に興味を表明しているが、いかなる犠牲を払ってでもF1で走りたいわけではないと語る。 パスカル・ウェーレインは、2016年にマノー、2017年にザウバーといずれも下位争いを展開するチームで2年間... 続きを読む
広告

2019/03/26

ルノー 「F1はe-fuelの導入を検討するべき」

ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、F1は“e-fuel”の導入を検討すべきだと語る。 世界的に環境への配慮が強まっていくなかでF1は2014年に“環境に優しい”ハイブリッドエンジンを導入した。しかし、シリル・アビテブールはそれだけでは不十分だと... 続きを読む

2019/03/26

メルセデス 「開幕戦の結果で我々の考え方が変わることはない」

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフが、2019年のF1世界選手権 第2戦 バーレーンGPへの意気込みを語った。 開幕戦オーストラリアGPでは、バルテリ・ボッタスが優勝、ルイス・ハミルトンが2位に続き、1-2フィニッシュを達成したメルセデス。さらにボ... 続きを読む

2019/03/26

インディカー | ホンダ:第2戦オースティン 決勝レースレポート

テキサス州の州都オースティンにある高速ロードコース、サーキット・オブ・ジ・アメリカスで初めて開催されたインディカー・レースで、ルーキーのコルトン・ハータ(Harding Steinbrenner Racing)がキャリア初優勝を飾った。 曇り空の下でスタートが切られ、3番... 続きを読む
広告

2019/03/26

トヨタ、ニュルブルクリンク24時間耐久レースに向け本格始動

TOYOTA GAZOO Racingは、ドイツ・ニュルブルクリンクで開催された本年のVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)初戦にLEXUS LCで出場、総合25位で完走した。LCの実戦テストも兼ねた参戦で、6月に開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースに向け、順調なスタート... 続きを読む

2019/03/26

エクソンモービル燃料開発責任者インタビュー「ルノーからホンダF1に変わり飛躍的に試作品のテストが進んだ」

 2018年からホンダのパワーユニット(PU/エンジン)に燃料と潤滑油を供給しているエクソンモービル。今年からホンダはパワーユニットをレッドブルにも供給。もちろん、レッドブルが使用している燃料と潤滑油もエクソンモービル製だ。開幕戦オーストラリアGPが行われたメルボルンには、エクソンモービルのF1プロジェクトの中心となるデビッド・ツルサキが来ていたので、お話をうかがった。

デビッド・ツルサキ(グローバルモータースポーツ・テクノロジーマネージャー)
デビッド・ツルサキ(グローバルモータースポーツ・テクノロジーマネージャー)

──姓が「ツルサキ」ですが、日本とは何か縁が?
ツルサキ:私の祖父が福岡出身で少年時代にアメリカに移住しました。1900年ごろだったと思います。カルフォルニアやオレゴンで生活していたそうです。私の父はシカゴへ移り、私はシカゴで生まれ、育ちました。名前はツルサキですが、国籍はアメリカで、残念ながら日本語も話すことはできません。

──ホンダとの仕事をスタートさせたのはいつですか。
ツルサキ:トロロッソ・ホンダとの仕事を開始したのは、2017年の年末から。しかし、われわれがホンダと仕事をスタートさせたのは、じつはマクラーレン・ホンダ時代の2015年。そこでわれわれは2年間、ホンダとともに燃料と潤滑油の開発を行っていたことを忘れないでほしい。

──ミーティングはどれくらいの頻度で行っているのですか。
ツルサキ:昨年は、フェイス・トウ・フェイスでのミーティングはイギリス・ミルトンキーンズにあるホンダのHRD MKと、日本のHRD Sakura(栃木県の本田技術研究所)、そしてサーキットの現場で何度か行った。今年は5月にHRD MKへ行き、その後カナダGPがある6月にホンダのスタッフがアメリカにあるわれわれの施設に来る予定だ。

──レッドブルがホンダのパワーユニットを搭載することになって、どんな変化が訪れましたか。
ツルサキ:われわれは1チームにひとりのトラックサイドエンジニアを配置させて、燃料と潤滑油を管理しており、昨年もトロロッソとルノーに1人ずついた。しかし、トロロッソはホンダPUを、ルノーはルノーPUを使用していたため、われわれは現場でデータを共有することはできなかったんだ。コンピュータがパスワードによってロックされていたからね。

 それが今年は2チームともホンダPUなので、われわれのトラックサイドエンジニアもお互いにデータを共有することができる。これは開発という面でも非常に役に立つ。

──潤滑油は何に使用されるのですか。
ツルサキ:エンジンオイル、ハイドロリックオイル、そしてギヤボックスオイルだ。燃料の開発も重要だが、潤滑油によってフリクション(摩擦)を最小化することができ、抵抗が小さくなれば、燃費の向上につながるので、こちらも重要だ。

──燃料と潤滑油の開発はとのように行ってきたのですか。
ツルサキ:2019年に向けて、われわれは36種類の潤滑剤と40種類の燃料をテストしてきた。 以前は、(ルノーが)テストを実行してデータをフィードバックするのに時間がかかりすぎたため、ほんのわずかしか試作品を試せなかった。

 でも、ホンダはテストを素早く実行し、そのデータをできるだけオープンに、かつスピーディーに送り返してくれるので、これだけのテストができたんだ。

──今年のオーストラリアGPでは最新の燃料が使用されたと聞いています。それは、いつごろ製造されたのですか。
ツルサキ:オーストラリアGPに使用する燃料は、2月下旬からスペイン・バルセロナで行われたプレシーズンテストで、すでに使用したものだが、このスペックを最終的に決定したのは2018年の12月中旬。もちろん、今後も燃焼の向上を目指して、新たに良い燃料が開発されれば、新スペックを投入していくことになるよ。

──ホンダが2チーム4台にパワーユニットを供給する今シーズンは、エクソンモービルにとっても忙しく、かつチャレンジングなシーズンになりそうですね。
ツルサキ:良い意味でね(笑)。先ほども、田辺(豊治/ホンダF1テクニカルディレクター)さんと話をして、急きょオーストラリアGPが終わったら、日本でミーティングを行うことが決まったんだ!!

広告

2019/03/26

F1 Topic:ホンダPU躍進の影の立役者、燃料と潤滑油を供給するエクソンモービル

 レッドブルがルノーからホンダにパワーユニット(PU/エンジン)を変えたことをメルセデスらライバル勢が警戒している理由の一つに、燃料と潤滑油を供給しているエクソンモービルをワークス体制で使用できるようになったことが考えられる。

 2018年もレッドブルはエクソンモービルを使用していたが、パワーユニットはルノーで、ルノーのワークスチームが使用している燃料と潤滑油がBPカストロールであることを考えれば、理想的な関係でなかったことは容易に想像がつく。

 F1の燃料は、市販燃料と同じ成分を含有しなければならない。FIAの規定には、オクタン価、酸素含有量、窒素含有量、比重が含まれている。しかし、成分の割合を変えること可能で、それによってアドバンテージを生み出すことはできる。

 あるPUエンジニアによれば、「燃焼室、燃焼方法がパワーユニットによって違うように、燃料もそれに合わせて成分を調整するというのはF1では当たり前の話。それを行ったものとまったく行っていないのとでは、パワーユニットの性能が全然変わってくる」と言う。

 つまり、パワーユニットをワークス体制で使用する場合は、燃料と潤滑油も併せてワークス体制で供給されることが、いまでは必要条件なのである。

 したがって、ルノーPUからホンダPUに変更したことで馬力が超えたかどうかも重要だが、それよりもホンダPUに合わせた燃料と潤滑油がエクソンモービルから供給を受けられるようになったことも大きいだろう。今年のレッドブル・ホンダは、燃料面においても昨年のレッドブル・ルノーより万全の体制となっていると言える。

 そのことは、メルセデスはペトロナスから、フェラーリはシェルから長年に渡って燃料と潤滑油の供給を受けていることからもわかる。燃料メーカーは、自らの研究所で燃料規定に沿って、使用するパワーユニットに適合した割合(エネルギー密度・オクタン価・バイオ材料)を研究している。

 例えば、ノッキング(異常燃焼の一種)を発生させにくいように成分の配合を変えるといったことは、レギュレーションの範囲内でどのメーカーも行っている。特に直噴のターボが導入された2014年以降は圧縮比が増したため、ノッキングのリスクが高まったため、パワーユニットに合わせた燃料の調整は必須となっている。

■エクソンモービルの燃料開発に期待を寄せるホンダF1

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターは、メルボルンで次のように語っていた。

「エクソンモービルさんとは昨年からトロロッソで一緒に仕事を開始しています。燃料とオイルに関して基礎開発を行い、燃料に関しては燃焼系、オイルに関しては耐久性とフリクション(摩擦)をうまくバランスをとる開発を行ってきました。オイルに関しては、昨年もアップデートできましたが、残念ながら、燃料に関しては大きなアップデートができませんでした。ただ、一緒に開発をやってきたデータはあり、それが1年間蓄積したことで、今シーズンは初戦からオイルだけでなく、燃料も新しいものを投入しています」

 エクソンモービルのデビッド・ツルサキ(グローバルモータースポーツ・テクノロジーマネージャー)によれば、パワーユニットに合わせて燃料の成分の配合を変えることは、別の意味で重要となっていると言う。

「現在のF1はレースで使用できる燃料量が制限されています。パワーユニットの燃焼スタイルに合った燃料の開発すれば、燃費は向上し、ひいてはクルマ全体のパフォーマンスアップにもつながります」

 つまり、ホンダが今後スペック2やスペック3と、パワーユニットを進化させていくのと同様、エクソンモービルの燃料と潤滑油も新しいものが投入されるとツルサキは言う。

 ホンダの田辺TDもエクソンモービルの開発に期待を寄せる。

「今後もエクソンモービルさんと燃料と潤滑油の開発を続け、順次、最新のものを入れていきたい」

2019/03/26

ルノーF1 「バーレーンはF1エンジンの進歩を披露するチャンス」

ルノーのF1チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、2019年の第2戦バーレーンGPはエンジンの進歩を披露する絶好の機会だと自信をみせる。 今年、トップ3チームとの差を縮めることを目標に掲げているルノーだが、開幕戦オーストラリアGPではニコ・ヒュルケンベ... 続きを読む

2019/03/26

2019年F1第2戦バーレーンGP、TV放送&タイムスケジュール

■サーキットデータ
・名称:バーレーン・インターナショナル・サーキット
・全長:5.412km/レース距離:308.238km
・周回数:57/コーナー数:15
・ラップレコード:1分31秒447(ペドロ・デラ・ロサ/2005)

■タイヤ選択
・ホワイト・ハードC1(白)
・イエロー・ミディアムC2(黄)
・レッド・ソフトC3(赤)

■タイムスケジュール/日本時間(現地時間)
○3月29日(金)
フリー走行 1 20:00~21:30(14:00~15:30)
フリー走行 2 24:00~25:30(18:00~19:30)

○3月30日(土)
フリー走行 3 21:00~22:00(15:00~16:00)
公式予選  24:00~25:00(18:00~19:00)

○3月31日(日)
決勝(57周) 24:10~(18:10~)

■テレビ放送予定
○ CS放送/フジテレビNEXT(生中継)
【FP 1】3月29日(金)19:50~21:40
【FP 2】3月29日(金)23:50~25:40

【FP 3】3月30日(土)20:50~22:10
【予選】3月30日(土)23:50~26:00

【決勝】3月31日(日)23:30~27:00

■2018年のリザルト
1 S.ベッテル(フェラーリ)
2 V.ボッタス(メルセデス)
3 L.ハミルトン(メルセデス)

予選PP:S.ベッテル(フェラーリ)1分27秒958
決勝FL:V.ボッタス(メルセデス)1分33秒740

■ダイジェスト映像:2018年バーレーンGP(Formula1.com)

広告
広告

2019/03/26

ダニール・クビアト 「バーレーンでトロロッソ・ホンダの実力がわかる」

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが、2019年のF1世界選手権 第2戦 バーレーンGPへの意気込みを語った。 F1復帰戦となったオーストラリアGPで、ダニール・クビアトは予選Q2進出を果たし、決勝では同じホンダのF1エンジンを搭載するレッドブル・ホンダのピエ... 続きを読む

2019/03/26

アレクサンダー・アルボン 「バーレーンは開幕戦より楽に進められるはず」

トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、2019年のF1世界選手権 第2戦 バーレーンGPへの意気込みを語った。 F1オーストラリアGPでF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンは、フリー走行1回目のクラッシュを喫する場面もあったが、予選ではQ2進出... 続きを読む
広告

2019/03/26

SF富士テスト1日目午前:トラブル続出で赤旗中断4回、山本尚貴がトップタイムを記録

 富士スピードウェイで2019全日本スーパーフォーミュラ選手権の第2回公式テストがスタート。1日目午前のセッションは赤旗が4回出るほどトラブルが続出し、最終的に山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムを記録した。
 今回もシリーズに参戦する全20台が参加したが、REAL ...読み続ける
広告

2019/03/26

カルロス・サインツ 「マクラーレンは中団バトルに戻ることができた」

カルロス・サインツは、マクラーレンの進歩についてポジティブに感じていると語る。 今年からマクラーレンに移籍したカルロス・サインツは、F1オーストラリアGPの予選でパワーユニットの問題に見舞われ、またロバート・クビサのクラッシュによってアタックを阻止... 続きを読む
1 2 3 4 5 1,580