2019年10月の記事一覧

2019/10/31

レッドブル・ホンダ 「2020年のF1ドライバー確定は急いでない」

レッドブル・ホンダは、2020年のマックス・フェルスタッペンのチームメイト選びは急いではいないと主張する。 先月、レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2020年の2人目のレッドブル・ホンダのドライバーはF1メキシコGP後に決... 続きを読む

2019/10/31

ニコ・ヒュルケンベルグ 「2021年にF1に戻ってくることはできないだろう」

ニコ・ヒュルケンベルグは、2020年のためのF1シートを見るけることができなければ、F1に戻ってくることはできないだろうと考えている。 今年、ルノーのF1シートを失うニコ・ヒュルケンベルグだが、2020年のF1シートを確保できずにいる。現時点で2020年のドライバ... 続きを読む
広告

2019/10/31

マクラーレンと契約した脳科学技術企業マインドマゼ、ダニエル・リカルドと『アンバサダー』契約 移籍との関連性は?

マクラーレン・レーシングとの長期契約を発表した10億円規模のブレーン(脳)・テクノロジー企業『マインドマゼ(MindMaze、本社サンフランシスコ)』は、モータースポーツの安全性を提唱すべくダニエル・リカルド(ルノー)を […]

2019/10/31

【マクラーレン】脳科学技術の米国企業マインドマゼと長期契約 安全に関する技術開発

マクラーレン・レーシングは10月30日(水)、10億円規模のブレーン・テクノロジー(脳科学技術)企業である『マインドマゼ(MindMaze、本社サンフランシスコ)』との長期契約を締結したと発表した。 ●【ウィリアムズ】京 […]

2019/10/31

【マクラーレン】脳科学技術の米国企業マインドマゼと長期契約 安全に関する技術開発

マクラーレン・レーシングは10月30日(水)、10億円規模のブレーン・テクノロジー(脳科学技術)企業である『マインドマゼ(MindMaze、本社サンフランシスコ)』との長期契約を締結したと発表した。 ●【ウィリアムズ】京 […]
広告
広告

2019/10/31

ホンダF1、復帰100回目の節目「歴史に恥じぬ結果を残したい」と田辺TD / F1アメリカGP《preview》

ホンダF1の現場統括責任者を務める田辺豊治テクニカル・ディレクターが、2019年FIA F1世界選手権第19戦アメリカGPに先立って抱負を語った。ホンダにとっては、2015年のF1復帰から数えて100回目の節目のレースと […]

ホンダF1、復帰100回目の節目「歴史に恥じぬ結果を残したい」と田辺TD / F1アメリカGP《preview》byF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

2019/10/31

【ウィリアムズ】京都のゲーム開発会社ポノスと契約 代表作は「にゃんこ大作戦」

ロキット・ウィリアムズ・レーシングは10月31日(木)、日本企業のポノス株式会社(京都市)と「オフィシャルパートナー」として2020年シーズンの契約を締結したと発表した。 ●【タイムスケジュール】2019年F1第19戦ア […]

2019/10/31

ウィリアムズF1、京都のスマホ向けゲーム会社「ポノス」とのスポンサー契約を発表

ウィリアムズ・レーシングはF1アメリカGP開幕を翌日に控えた10月31日、ポノス株式会社と2020年シーズンのスポンサー契約を締結した事を発表した。これに伴い、第19戦アメリカGPより、FW42のバージボードに「PONO […]

ウィリアムズF1、京都のスマホ向けゲーム会社「ポノス」とのスポンサー契約を発表byF1ニュース速報/解説【Formula1-Data】

広告

2019/10/31

ホンダF1 特集 | アレクサンダー・アルボンの激動のルーキーイヤー

レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンが、激動のF1ルーキーイヤーを振り返った。 1年前、アレクサンダー・アルボンは、自分のキャリアがどう進むのか、見えていなかった。それから12カ月、激動の日々が23歳の若者を待っていました。2018年、FIA-F2選手権... 続きを読む

2019/10/31

FIA WEC: 6 Hours of Fuji – Race highlights

Race highlights from the 2019 FIA WEC 6 Hours of Fuji. Watch the race on replay on Motorsport.tv : https://motorsport.tv/fia-wec/video/6-hours-of-fuji/27807
広告

2019/10/31

トヨタ、WEC上海は1周2.74秒の足枷。ハンディキャップがさらに厳しく

 FIA耐久委員会は、世界耐久選手権(WEC)第3戦上海4時間レース(11月10日決勝)の”サクセス・ハンディキャップ”詳細を発表した。
 ハンディキャップは、LMP1クラス最下位のマシンとのポイント差に応じて計算される。トヨタ7号車と8号車は現在44ポイントで並んでいるため、上海では2台が共通の調整を受けることになるが、今回の発表によれば、トヨタのTS050 ...読み続ける

2019/10/31

ニコ・ヒュルケンベルグ「2021年のF1復帰は無理だろう」

ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)が、もし2020年のF1シートを確保できなければ、そのままF1キャリアを終えることになってしまうだろうと示唆した。 今季限りでルノーとの契約を失ったドイツ出身のヒュルケンベルグだが、来季ど […]

2019/10/31

ウィリアムズ、ロバート・クビサに要求「批判的な会話はチーム内で」

ウィリアムズの副チーム代表を務めるクレア・ウィライムズは、ロバート・クビサに対して、苦戦を強いられているチームへの批判を“内部的”に議論してくれることが好ましいと要求した。 ロバート・クビサ自身はそれを否定しているが、今シーズン限りで去ることが決... 続きを読む
広告

2019/10/31

フェルナンド・アロンソ「F1復帰は2021年の新レギュレーション次第」

フェルナンド・アロンソが、2021年から適用される新F1レギュレーションが公表され次第、それを綿密に研究することになると語った。 2018年シーズンをもってF1の表舞台から姿を消したアロンソだが、現在も根強くF1復帰のう […]

2019/10/31

フェルナンド・アロンソ「F1復帰は2021年の新レギュレーション次第」

フェルナンド・アロンソが、2021年から適用される新F1レギュレーションが公表され次第、それを綿密に研究することになると語った。 2018年シーズンをもってF1の表舞台から姿を消したアロンソだが、現在も根強くF1復帰のう […]

2019/10/31

F1のチェイス・キャリーCEO、2021年レギュレーションの投票に自信

F1のCEOを務めるチェイス・キャリーは、2021年のF1レギュレーションに各チームが賛成票を投じてくれるだろうと自身をみせる。 10月31日(木)、F1は2011年の新しいレギュレーションの公開日を迎える。F1は『F1 2021 - coming soon...』と題したティザー動画を公式... 続きを読む
広告

2019/10/31

アロンソは“3台目”の選択肢……来季のインディ500、起用はマクラーレン次第?

 マクラーレンは2020年からシュミット・ピーターソン・モータースポーツと提携を結び、“アロー・マクラーレンSP”としてインディカーに参戦する。
 10月31日(木)、チームはシーズンを戦うレギュラードライバーを発表。パトリシオ・オワードと今季のインディライツ王者であるオリバー・アスキューを起用する。

Read ...読み続ける

2019/10/31

【トロロッソ・ホンダ】ダニール・クビアト「COTAにはほぼすべての要素がそろっている」

トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で行われる2019年F1第19戦アメリカGP(11月3日決勝)に向けて抱負を語った。 ■ダニール・クビアト 「サーキット・オブ・ジ・ア […]

2019/10/31

【トロロッソ・ホンダ】ピエール・ガスリー「COTAではターン1をうまく処理するのがカギ」

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で行われる2019年F1第19戦アメリカGP(11月3日決勝)に向けて抱負を語った。 ■ピエール・ガスリー 「昨年がオースティンでの僕 […]
広告

2019/10/31

インディカーフル参戦のアロー・マクラーレンSP、オワードとアスキュー起用を発表

 マクラーレンとシュミット・ピーターソン・モータースポーツが提携し、2020年からインディカーにフル参戦する『アロー・マクラーレンSP』。チームは10月31日(木)にパトリシオ・オワードとオリバー・アスキューをレギュラードライバーに起用することを明かした。
 8月の発表段階ではmotorsport.comの取材に対し、シュミット・ピーターソンとの契約が残っていたジェームズ・ヒンチクリフがチームに残留することが示唆されていたが、ヒンチクリフはチームを離れることとなった。
 チームはTwitterへ投稿した声明で、次のようにヒンチクリフへのコメントを寄せた。
「アロー・マクラーレンSPとジェームズ・ヒンチクリフはインディカーの2020年シーズンに先駆けて、袂を分かちました。我々はジェームズの情熱、そして5年間に渡るチームへの献身に感謝しています。彼の将来が幸運であることを祈っています」
 そしてこの声明に続いて、オワードとアスキューの起用が発表された。
 オワードは2018年にインディカーの下位カテゴリであるインディライツでチャンピオンを獲得し、2019年はカーリンからインディカーに計7戦参戦していた。さらにレッドブルの育成ドライバー入りを果たすと、7月からは日本のスーパーフォーミュラを3レース戦った。
 しかし10月中旬に行われたスーパーフォーミュラの最終戦を前に、オワードはレッドブルの育成プログラムから離脱したことで、その行き先に注目が集まっていた。
 一方、アスキューは2019年のインディライツで7勝を上げてチャンピオンを獲得したドライバーであり、今回インディカーデビューの機会を勝ち取った格好だ。
「インディカー初年度をアロー・マクラーレンSPから戦えるなんて、夢のようだ」と、アスキューは言う。
「この新しいチームは、3つの素晴らしいパートナーが結集したチームだ。そのチームに選ばれたことを光栄に思う」
 また初のインディカーフル参戦となるオワードは、次のようにコメントを寄せた。
「アロー・マクラーレンSPからインディカーフル参戦をするなんて、これ以上嬉しいことはない。僕は去年いくつもの素晴らしい機会を得たけど、今回は僕のキャリアで起こりうる中でも、恐らく最も素晴らしい事だ」
「今年の序盤はインディカーを試していたけど、2020年に可能な限りベストなチームである、アロー・マクラーレンSPからフル参戦する事が待ちきれないよ」

Read ...読み続ける
1 2 3 4 5 13