2019年12月の記事一覧

2019/12/31

ホンダF1、2020年は“信頼性”を礎にさらなる発展へ

ホンダF1は、2019年に築き上げた“信頼性”をベースにF1エンジン、そして、レッドブルとの関係のさらなる発展を目指す。 ホンダF1は、レッドブルとパートナーシップ初年度となった2019年シーズンに3勝、2回のポールポジションを獲得。エンジンの問題によってリタイ... 続きを読む

2019/12/31

ニック・デ・ブリース 「F1シートを獲得できなかったことに悔いはない」

2019年にF2でチャンピオンを獲得したニック・デ・ブリースは、2018年のライバルたちがF1で活躍しているのを見るのは“辛い”と認めるも、F1シートを獲得できなかったことに後悔はないと語る。 2017年にF2への参戦を開始したニック・デ・ブリースは、ラペックス、レ... 続きを読む
広告

2019/12/31

濃密な1年……F1出走を果たした山本尚貴が2019年に見た“夢と現実”

 2018年に国内2大カテゴリーを制し、2019年にはF1日本GPのフリー走行1回目に出走した山本尚貴。本業であるスーパーGT、スーパーフォーミュラのレースもこなすなど、彼にとっては“濃密な1年”だった。
 まもなく終わりを迎えようとしている2019年。日本のモータースポーツ界にとっても様々なニュースがあった1年ではあるが、中でも欠かすことのできないトピックのひとつが『山本尚貴のF1日本GPフリー走行1回目の出走』だろう。
 2018年にスーパーGT(GT500)とスーパーフォーミュラでダブルタイトルを獲得し、史上4人目となる国内2大カテゴリー同時制覇を成し遂げた山本。2019年には自身も“憧れの場所”だったと語るF1の舞台での走行チャンスを手にした。

Read ...読み続ける

2019/12/31

濃密な1年……F1出走を果たした山本尚貴が2019年に見た“夢と現実”

 2018年に国内2大カテゴリーを制し、2019年にはF1日本GPのフリー走行1回目に出走した山本尚貴。本業であるスーパーGT、スーパーフォーミュラのレースもこなすなど、彼にとっては“濃密な1年”だった。
 まもなく終わりを迎えようとしている2019年。日本のモータースポーツ界にとっても様々なニュースがあった1年ではあるが、中でも欠かすことのできないトピックのひとつが『山本尚貴のF1日本GPフリー走行1回目の出走』だろう。
 2018年にスーパーGT(GT500)とスーパーフォーミュラでダブルタイトルを獲得し、史上4人目となる国内2大カテゴリー同時制覇を成し遂げた山本。2019年には自身も“憧れの場所”だったと語るF1の舞台での走行チャンスを手にした。

Read ...読み続ける

2019/12/31

2019年のF1世界選手権 | 合計639回のピットストップは1ストップが増加

2019年のF1世界選手権は、合計639回のピットストップが行われた。ピレリが導入した硬く、トレッドが薄く、空気圧の高い2019年型F1タイヤにより1ストップが増加した。 昨年よりもピットストップの回数は増えたが、それはドイツGP(78回)やブラジルGP(44回)など... 続きを読む
広告

2019/12/31

読者が最も心揺さぶられたのは? 2019年ベストレース・ベストモーメント

 2019年は、日本のモータースポーツファンの心を大いに揺さぶった1年であったと言えるだろう。今回はmotorsport.com日本版がTwitterにて募集した『2019年ベストレース』を、最も人気を集めたものから順に紹介していく。また、同じく募集した『2019年ベストモーメント』の一部も本項で紹介する。
読者が選ぶ2019ベストレース:F1ブラジルGP

 

■読者の声(『ベストレース』『ベストモーメント』より一部抜粋)
・もちろん、ガスリー選手の2位表彰台!
・ブラジルGP ...読み続ける
広告

2019/12/31

ホンダF1 特集 | アイルトン・セナが残したもの

ホンダF1とアイルトン・セナの密接なパートナーシップは、F1の歴史上でも、もっとも輝かしい成功の一つと言えるだろう。 最多チャンピオン獲得回数、そして最多優勝記録を保持しているのはミハエル・シューマッハだが、最も偉大なドライバーについてはファンの意... 続きを読む

2019/12/31

速さ、強さ、人気を兼ね備えた1台は……? 読者が選ぶ2019年ベストマシン

 2019年のモータースポーツでも、様々なマシンがサーキットを駆け抜けた。圧倒的な速さを見せたマシン、印象的なバトルを演じたマシン、そして何より美しいマシン……各々が考える“1番”の尺度は様々だろう。
 motorsport.comはTwitterにて『2019年のベストマシン』を読者から募集した。今回はその中で特に支持を集めたマシンを紹介する。
読者が選ぶ2019ベストマシン:メルセデスW10(F1)

 

2019年のF1チャンピオンマシン。シーズンを通して安定した速さを見せただけでなく、テスト等でレギュラー以外のドライバーがドライブした際のパフォーマンスも、このマシンの完成度の高さを物語っているとの意見もあった。

Read ...読み続ける

2019/12/31

速さ、強さ、人気を兼ね備えた1台は……? 読者が選ぶ2019年ベストマシン

 2019年のモータースポーツでも、様々なマシンがサーキットを駆け抜けた。圧倒的な速さを見せたマシン、印象的なバトルを演じたマシン、そして何より美しいマシン……各々が考える“1番”の尺度は様々だろう。
 motorsport.comはTwitterにて『2019年のベストマシン』を読者から募集した。今回はその中で特に支持を集めたマシンを紹介する。
読者が選ぶ2019ベストマシン:メルセデスW10(F1)

 

2019年のF1チャンピオンマシン。シーズンを通して安定した速さを見せただけでなく、テスト等でレギュラー以外のドライバーがドライブした際のパフォーマンスも、このマシンの完成度の高さを物語っているとの意見もあった。

Read ...読み続ける
広告

2019/12/31

ルイス・ハミルトン、2019年のF1世界選手権の浮き沈みを振り返る

F1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンが、2019年のF1世界選手権の浮き沈みについて振り返った。 今年、ルイス・ハミルトンは11勝目を挙げて自身6度目のF1ワールドチャンピオンを獲得。1回もリタイアすることなく、すべてのレースを走り切ったが、... 続きを読む

2019/12/31

ルイス・ハミルトン、2019年のF1世界選手権の浮き沈みを振り返る

F1ワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンが、2019年のF1世界選手権の浮き沈みについて振り返った。 今年、ルイス・ハミルトンは11勝目を挙げて自身6度目のF1ワールドチャンピオンを獲得。1回もリタイアすることなく、すべてのレースを走り切ったが、... 続きを読む

2019/12/31

【TV】NHK BS1スペシャル「最速に挑む!ホンダF1はなぜ勝てたのか」2020年元旦に2時間放送

2019年のF1でホンダが優勝、復活を遂げた。NHK BS1スペシャルではこれまでにも数々のモータースポーツ番組を手掛けてきたが、今度は元旦に「最速に挑む! ホンダF1はなぜ勝てたのか」と題した2時間の特番として放送され […]
広告

2019/12/31

【TV】NHK BS1スペシャル「最速に挑む!ホンダF1はなぜ勝てたのか」2020年元旦に2時間放送

2019年のF1でホンダが優勝、復活を遂げた。NHK BS1スペシャルではこれまでにも数々のモータースポーツ番組を手掛けてきたが、今度は元旦に「最速に挑む! ホンダF1はなぜ勝てたのか」と題した2時間の特番として放送され […]

2019/12/31

ファン注目のロゴやレッドブル・ホンダのフェルスタッペンがランクイン/2019年F1フォトランキング

 autosport webでは文字はもちろん、写真も交えながら、さまざまなニュースをお届けしてまいりました。今回は2019年シーズンにお届けした写真のなかから、カテゴリ別に反響の多かったものをお届けします。

 今回は、ルイス・ハミルトンのワールドチャンピオンやレッドブル・ホンダ優勝など、世界中で注目された2019年F1世界選手権のフォトランキングトップ10を発表します。読者のみなさまに注目されたF1フォトはどんな写真となるでしょうか。

第10位:第9戦オーストリアGP レッドブルの記念撮影

 ランキング第10位は、レッドブルとホンダがタッグを組み初優勝を飾った第9戦オーストリアGPから、レッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンによるレース後の嬉しそうな記念撮影がランクイン。
■【レッドブル・ホンダ優勝ギャラリー】F1第9戦オーストリアGP決勝

F1第9戦オーストリアGP、レッドブルのレース後記念撮影
F1第9戦オーストリアGP、レッドブルのレース後記念撮影

第9位:レッドブル・ホンダRB15シェイクダウン

 シルバーストンでのレッドブル・ホンダRB15のシェイクダウンが第9位に。カモフラージュカラーも相まってさらにレッドブル・ホンダへの注目と期待が高まっていましたね。
■【津川哲夫の2019私的新車チェック:レッドブル】ホンダPU次第では……と期待させるトータルエアロバランスに優れたマシン

シルバーストンでシェイクダウンを行ったレッドブル・ホンダRB15
シルバーストンでシェイクダウンを行ったレッドブル・ホンダRB15

第8位:トロロッソ・ホンダSTR14

 こちらもホンダとのパートナーシップ2年目で注目を集めたトロロッソ・ホンダ。2019年マシンSTR14が発表された際のスタジオショット、なかでもマシンを真正面から捉えたものが8位に。
■ホンダPUとの提携2年目を迎えるトロロッソF1が2019年の新車『STR14』を正式発表

トロロッソ・ホンダSTR14のフロント写真
トロロッソ・ホンダSTR14のフロント写真

第7位:リッチ・エナジーを迎えたハースF1チームのカラーリング発表

 第7位には、2019年からタイトルスポンサーとして『リッチ・エナジー』を迎えたハースF1チームのマシンカラーリング発表の写真がランクイン。ブラック&ゴールドカラーで注目でしたが、リッチ・エナジーの著作権違反騒動などがあり、シーズン終了までスポンサーシップは続きませんでした。
■ハースF1が2019年シーズンのマシンカラーリングを発表。黒と金の配色でイメージを一新

リッチ・エナジーとスポンサーシップを発表したハースF1チーム
リッチ・エナジーとスポンサーシップを発表したハースF1チーム

第6位:レッドブル・ホンダRB15のフロントサスペンション

 続いては、7月掲載の『津川哲夫の私的F1メカチェック』より、レッドブル・ホンダRB15のフロントサスペンションを激写したものが第6位にランクイン。
■【津川哲夫の私的F1メカチェック】ホンダの優勝を支えた、レッドブルRB15の独自フロントサスペンション

レッドブル・ホンダRB15のフロントサスペンション
レッドブル・ホンダRB15のフロントサスペンション

■5位には未来のF1が。そして第1位のフォトは?

第5位:2021年のF1マシン予想図

 第5位は“セクシーで接近戦が可能”な2021年のF1マシン予想図がランクイン。
■2021年F1新レギュレーションが承認。「セクシーで接近戦が可能」な新世代マシンの外観も発表に

2021年F1マシンの予想図
2021年F1マシンの予想図

第4位:ホンダF1パワーユニット比較

 第4位にもテクニカルな写真がランクイン。ホンダがF1に復帰した2015年のパワーユニットと、トロロッソに供給を開始した2018年のパワーユニットを比較した画像です。改めておなじ角度から見比べると、かなり重心が下がっていることがわかります。
■F1技術解説 ホンダPU進化の過程(2):重心位置を下げ、信頼性に懸念があったオイルタンクを大改良

ホンダF1パワーユニット比較画像
ホンダF1パワーユニット比較画像

第3位:マクラーレンMCL34

 そしてトップ3の発表です。まず第3位には、カルロス・サインツとランド・ノリスの若手ふたりというドライバーラインアップに変更したマクラーレンF1の2019年マシン“MCL34”がランクイン。

 新車発表前の1月にマクラーレン公式Facebookがカバー写真を変更し、そのカバー写真に写り込んでいるカーナンバー4番のマシンが2019年マシンではないか? と話題になりました。その後、コカコーラロゴもマシンに掲示されたMCL34が正式発表されました。
■マクラーレンF1が2019年型ニューマシンの画像を誤って公開か。コカ・コーラとの大型契約の可能性

マクラーレン公式Facebookに掲載されたMCL34
マクラーレン公式Facebookに掲載されたMCL34

第2位:アルファタウリのロゴ

 第2位には2020年シーズンにトロロッソから生まれ変わるレッドブル系ファッションブランド『アルファタウリ』のロゴ画像がランクイン。2019年シーズンで14年に渡ったトロロッソの名は消えてしまいますが、ホンダとのタッグ3年目を迎える新生アルファタウリに期待です。
■ホンダF1のパートナー、トロロッソが名称変更へ。レッドブル系ファッションブランド名の『アルファタウリ』に改称

レッドブル系ファッションブランド『アルファタウリ』のロゴ
レッドブル系ファッションブランド『アルファタウリ』のロゴ

第1位:第9戦オーストリアGPを制したフェルスタッペンのガッツポーズ

 映えある第1位にはオーストリアGPで優勝を飾ったマックス・フェルスタッペンのガッツポーズが輝きました。この第9戦オーストリアGPで、フェルスタッペンはスタートで後方まで下がってしまいましたが、その後オーバーテイクショーを繰り広げて優勝を果たしました。その姿に日本中のF1ファンがフェルスタッペンとおなじくガッツポーズをしたのでは。2020年シーズンは開幕戦からこういった姿が見られるでしょうか。
■レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが今季初優勝。ついにメルセデスの連覇を阻止!/F1第9戦オーストリアGP決勝【詳報】

第9戦オーストリアGPで優勝し、ガッツポーズをするフェルスタッペン
第9戦オーストリアGPで優勝し、ガッツポーズをするフェルスタッペン

2019/12/31

ファン注目のロゴやレッドブル・ホンダのフェルスタッペンがランクイン/2019年F1フォトランキング

 autosport webでは文字はもちろん、写真も交えながら、さまざまなニュースをお届けしてまいりました。今回は2019年シーズンにお届けした写真のなかから、カテゴリ別に反響の多かったものをお届けします。

 今回は、ルイス・ハミルトンのワールドチャンピオンやレッドブル・ホンダ優勝など、世界中で注目された2019年F1世界選手権のフォトランキングトップ10を発表します。読者のみなさまに注目されたF1フォトはどんな写真となるでしょうか。

第10位:第9戦オーストリアGP レッドブルの記念撮影

 ランキング第10位は、レッドブルとホンダがタッグを組み初優勝を飾った第9戦オーストリアGPから、レッドブル・レーシングとマックス・フェルスタッペンによるレース後の嬉しそうな記念撮影がランクイン。
■【レッドブル・ホンダ優勝ギャラリー】F1第9戦オーストリアGP決勝

F1第9戦オーストリアGP、レッドブルのレース後記念撮影
F1第9戦オーストリアGP、レッドブルのレース後記念撮影

第9位:レッドブル・ホンダRB15シェイクダウン

 シルバーストンでのレッドブル・ホンダRB15のシェイクダウンが第9位に。カモフラージュカラーも相まってさらにレッドブル・ホンダへの注目と期待が高まっていましたね。
■【津川哲夫の2019私的新車チェック:レッドブル】ホンダPU次第では……と期待させるトータルエアロバランスに優れたマシン

シルバーストンでシェイクダウンを行ったレッドブル・ホンダRB15
シルバーストンでシェイクダウンを行ったレッドブル・ホンダRB15

第8位:トロロッソ・ホンダSTR14

 こちらもホンダとのパートナーシップ2年目で注目を集めたトロロッソ・ホンダ。2019年マシンSTR14が発表された際のスタジオショット、なかでもマシンを真正面から捉えたものが8位に。
■ホンダPUとの提携2年目を迎えるトロロッソF1が2019年の新車『STR14』を正式発表

トロロッソ・ホンダSTR14のフロント写真
トロロッソ・ホンダSTR14のフロント写真

第7位:リッチ・エナジーを迎えたハースF1チームのカラーリング発表

 第7位には、2019年からタイトルスポンサーとして『リッチ・エナジー』を迎えたハースF1チームのマシンカラーリング発表の写真がランクイン。ブラック&ゴールドカラーで注目でしたが、リッチ・エナジーの著作権違反騒動などがあり、シーズン終了までスポンサーシップは続きませんでした。
■ハースF1が2019年シーズンのマシンカラーリングを発表。黒と金の配色でイメージを一新

リッチ・エナジーとスポンサーシップを発表したハースF1チーム
リッチ・エナジーとスポンサーシップを発表したハースF1チーム

第6位:レッドブル・ホンダRB15のフロントサスペンション

 続いては、7月掲載の『津川哲夫の私的F1メカチェック』より、レッドブル・ホンダRB15のフロントサスペンションを激写したものが第6位にランクイン。
■【津川哲夫の私的F1メカチェック】ホンダの優勝を支えた、レッドブルRB15の独自フロントサスペンション

レッドブル・ホンダRB15のフロントサスペンション
レッドブル・ホンダRB15のフロントサスペンション

■5位には未来のF1が。そして第1位のフォトは?

第5位:2021年のF1マシン予想図

 第5位は“セクシーで接近戦が可能”な2021年のF1マシン予想図がランクイン。
■2021年F1新レギュレーションが承認。「セクシーで接近戦が可能」な新世代マシンの外観も発表に

2021年F1マシンの予想図
2021年F1マシンの予想図

第4位:ホンダF1パワーユニット比較

 第4位にもテクニカルな写真がランクイン。ホンダがF1に復帰した2015年のパワーユニットと、トロロッソに供給を開始した2018年のパワーユニットを比較した画像です。改めておなじ角度から見比べると、かなり重心が下がっていることがわかります。
■F1技術解説 ホンダPU進化の過程(2):重心位置を下げ、信頼性に懸念があったオイルタンクを大改良

ホンダF1パワーユニット比較画像
ホンダF1パワーユニット比較画像

第3位:マクラーレンMCL34

 そしてトップ3の発表です。まず第3位には、カルロス・サインツとランド・ノリスの若手ふたりというドライバーラインアップに変更したマクラーレンF1の2019年マシン“MCL34”がランクイン。

 新車発表前の1月にマクラーレン公式Facebookがカバー写真を変更し、そのカバー写真に写り込んでいるカーナンバー4番のマシンが2019年マシンではないか? と話題になりました。その後、コカコーラロゴもマシンに掲示されたMCL34が正式発表されました。
■マクラーレンF1が2019年型ニューマシンの画像を誤って公開か。コカ・コーラとの大型契約の可能性

マクラーレン公式Facebookに掲載されたMCL34
マクラーレン公式Facebookに掲載されたMCL34

第2位:アルファタウリのロゴ

 第2位には2020年シーズンにトロロッソから生まれ変わるレッドブル系ファッションブランド『アルファタウリ』のロゴ画像がランクイン。2019年シーズンで14年に渡ったトロロッソの名は消えてしまいますが、ホンダとのタッグ3年目を迎える新生アルファタウリに期待です。
■ホンダF1のパートナー、トロロッソが名称変更へ。レッドブル系ファッションブランド名の『アルファタウリ』に改称

レッドブル系ファッションブランド『アルファタウリ』のロゴ
レッドブル系ファッションブランド『アルファタウリ』のロゴ

第1位:第9戦オーストリアGPを制したフェルスタッペンのガッツポーズ

 映えある第1位にはオーストリアGPで優勝を飾ったマックス・フェルスタッペンのガッツポーズが輝きました。この第9戦オーストリアGPで、フェルスタッペンはスタートで後方まで下がってしまいましたが、その後オーバーテイクショーを繰り広げて優勝を果たしました。その姿に日本中のF1ファンがフェルスタッペンとおなじくガッツポーズをしたのでは。2020年シーズンは開幕戦からこういった姿が見られるでしょうか。
■レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが今季初優勝。ついにメルセデスの連覇を阻止!/F1第9戦オーストリアGP決勝【詳報】

第9戦オーストリアGPで優勝し、ガッツポーズをするフェルスタッペン
第9戦オーストリアGPで優勝し、ガッツポーズをするフェルスタッペン

広告

2019/12/31

“夢の”兄弟チーム、懸念要素も? 王者ウェイン・レイニー「兄マルクへの影響がある」

 2019年限りで、レプソル・ホンダのホルヘ・ロレンソは現役を引退。これによってトップチームの席にひとつ空きが生まれたが、ホンダは現チャンピオンのマルク・マルケスのチームメイトとして、弟でありMoto2チャンピオンのアレックス・マルケスを起用することを選んだ。

Read ...読み続ける

2019/12/31

ホンダF1 特集 | ターニングポイントとなったフランスGP

ホンダF1にとってスペック3を投入した2019年のF1フランスGPはターニングポイントとなった。 今年からトロロッソに加えて、レッドブルにもパワーユニット供給を拡大したホンダF1は、マックス・フェルスタッペンが3勝、9回の表彰台、2回のポールポジションを獲得。... 続きを読む
広告

2019/12/31

2019年のF1世界選手権 | 罰金の総額は1500万円

2019年のF1世界選手権で、FIA(国際自動車)は総額12万4400ユーロ(約1500万円)の罰金を徴収した。 2019年のF1世界選手権では罰金、グリッド降格、タイムペナルティ、警告を含めて83回のペナルティが出された。また、トラックリミットも強化され60回タイムが抹消... 続きを読む

2019/12/31

開発目標予定通り……ホンダF1、レッドブルからの信頼を手にした2019年

 2019年シーズンから、ホンダはレッドブルとのパートナーシップをスタートさせた。そしてパワーユニット(PU)にシーズン中3回のアップデートを施し、そのいずれも効果を発揮。約束していたパフォーマンスアップを成し遂げたことで、レッドブルから賞賛を受けている。
 既報の通り、ホンダは当初、スペック2のPUでシーズンを始めたいと考えていた。しかし、レッドブルと冬の間に合意したスケジュールに沿うことはできず、スペック1からのスタートとなった。

Read ...読み続ける

2019/12/31

開発目標予定通り……ホンダF1、レッドブルからの信頼を手にした2019年

 2019年シーズンから、ホンダはレッドブルとのパートナーシップをスタートさせた。そしてパワーユニット(PU)にシーズン中3回のアップデートを施し、そのいずれも効果を発揮。約束していたパフォーマンスアップを成し遂げたことで、レッドブルから賞賛を受けている。
 既報の通り、ホンダは当初、スペック2のPUでシーズンを始めたいと考えていた。しかし、レッドブルと冬の間に合意したスケジュールに沿うことはできず、スペック1からのスタートとなった。

Read ...読み続ける
広告

2019/12/31

マックス・フェルスタッペン 「ヘルムート・マルコとの絆は強まった」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、モータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコとの“個人的な絆”が今まで以上に強くなっていると語る。 2015年にトロロッソでF1史上最年少デビューを果たし、1年後にレッドブルに昇格したマックス・... 続きを読む
1 2 3 4 5 78