アロウ・マクラーレンSPの記事一覧

2019/12/03

マクラーレンF1、BATとのパートナーシップを継続。2020年はインディカーでも提携へ

 マクラーレンとブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は商業上の提携を2020年も延長する予定であり、多国籍タバコ企業であるBATは、F1においてマクラーレンと共にブランディング認知の拡大に取り組む。

 今年2月、マクラーレンはBATの企業変革および潜在的にリスクを低減した商品ポートフォリオを軸としていくプログラム、“A Better Tomorrow”のプロモーションをサポートするために、同社とスポンサー契約を締結した。

 マクラーレンとBATの契約関係が強化されることで、来年のマシンには視認性の高い新サイドポッド、ハロ内部、フロントウイングのロゴ掲載スペースを含む、ブランドの露出の大幅な増加があると見られる。

「我々は、BATと共に最初のシーズンで成功を収めた後に、同社とのパートナーシップの強化を発表できることを嬉しく思う」とマクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは語った。

「BATの企業変革計画はこのパートナーシップの軸として残っており、また技術とイノベーションについて我々が共に焦点を当てていることも同様だ。2020年、そしてそれ以降も共に提携を継続することを楽しみにしている」

「我々は2019年シーズンの終わりに到達するにあたって、BATの継続的支援に感謝している」

 マクラーレンとBATの関係性はF1を超えたものになりそうだ。というのも、BATは2020年シーズンのインディカーシリーズにおいて、アロウ・マクラーレンSPと提携するからだ。

 BATのチーフマーケティングオフィサーを務めるキングスレー・ウィートンは、「我々のパートナーシップは新しいカテゴリーのビジネスと共に、我々の旅路を加速する真のグローバルマーケティングとイノベーションの基盤となる。我々の顧客、株主、社会、従業員に対してより良い明日を作り出すことに集中する」と語った。

「私は特に、2020年にマクラーレンが40年ぶりにインディカーシリーズに復帰する計画に協力することに興奮している」

「17戦のカレンダーは、我々の地理的拡大とビジネス上の優先事項と非常に良く合っているのだ」

2019/11/12

マクラーレン、インディカーで起用するオワードとアスキューにF1テストのチャンスを提供か

 マクラーレンF1チームは、アロウ・マクラーレンSPのパトリシオ・オワードとオリバー・アスキューのふたりに対し、2020年のF1テストに参加するチャンスを与える可能性があるようだ。

 2020年からシュミット・ピーターソン・モータースポーツと提携し、インディカーにフル参戦することを決めたマクラーレン。ドライバーには、2018年のインディ・ライツ王者であり今年の全日本スーパーフォーミュラ選手権にもスポット参戦したオワードと、今年のインディ・ライツでタイトルを獲得したアスキューを起用する。

 マクラーレンはオワードとアスキューについて、F1のテストと開発作業を手助けするための、才能ある人材を確保したと考えていることをほのめかしている。なお現在マクラーレンのジュニアドライバーには、FIA-F2を戦うセルジオ・セッテ・カマラがいる。彼は今年の5月にバルセロナで行われたインシーズンテストにマクラーレンから参加していた。

 将来的にF1とインディカーの両事業のリソースを使用する可能性について、マクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、「(F1とインディカーの)プロジェクトは分かれているが、彼らは商業的にお互いを補い合っている」と語った。

「我々には、2020年に向けて契約下にある若手ドライバーはいない」

「それゆえ、ルーキーテストで彼らのうちのひとりが我々のF1マシンに乗っているのを見ても驚くことはないだろう」

 アロウ・マクラーレンSPは、シュミット・ピーターソン・モータースポーツに所属していたジェームス・ヒンチクリフを起用すると見られていた。しかしチームが選択したのはふたりのインディ・ライツ王者だった。

「この決断について、ジェームスのファンからの評判が良くないことはよくわかっている」とブラウンは認めた。

「満足できないジェームスのファンもいるだろうということを理解して、我々はこの決断を下した」

「我々は彼が2020年に(マクラーレンのマシンに)乗るだろうと述べ、この時彼も2020年に乗るつもりだった。しかしビジネスでもレースでも、ご存知のように、物事は変わる。ビジネスの環境も変化する。多くの利害関係者も含まれているのだ」

■スーパーフォーミュラも経験したオワードの加入は重要だった

 オワードは先週末、セブリングで2020年から導入される頭部保護デバイスのエアロスクリーンのテストに参加し、初めて2020年仕様のマシンを走らせた。このエアロスクリーンは、インディカーがレッドブル・アドバンスド・テクノロジーズと提携して開発したものだ。

 ブラウンはオワードの起用について、極めて重要なことだったと述べた。

「パトリシオ・オワードは“市場”に出ていた。我々はすべての利害関係者と協議することを決め、チームにとって何はが最善なのかを長い目で見ることを決断した」

「パト(オワードの愛称)とオリバーはスーパースターのポテンシャルを持っていると我々は考えている。そのふたりを起用するというのは難しい決断だったが、チームにとっては正しいものだった」

「最終的に我々はチームにとってベストなことをした。だがそれは、必ずしも最も評判の良い決断になるとは限らない」

「しかし、最年少のドライバーラインアップでもあるふたりのインディ・ライツ王者を見ることを楽しみにしている人々が大勢いることを承知している」

「みんながオリバーとパトを受け入れてくれることを願っている。ファンのリアクションを見ると、がっかりしているファンがいる一方で、それと同じようにドライバーラインアップに興奮している人々もいる」

2019年スーパーフォーミュラ第4戦富士 パトリシオ・オワード(TEAM MUGEN)
TEAM MUGENからスーパーフォーミュラに参戦するオワード