シャルル・ルクレールの記事一覧

2020/01/21

シャルル・ルクレール 「2020年F1マシンではバランスに焦点を当てられる」

シャルル・ルクレールは、フェラーリで1年の経験を積んだことで、自分のチームの両方が2020年のF1マシンに何を望んでいるかをより理解できるようになっており、特にセットアップ面で快適なバランスを見つけることに焦点を当てていくと語る。 F1での3シーズン目、... 続きを読む

2020/01/21

バルテリ・ボッタス「ルクレールとフェルスタッペンが早期に契約を延長したのはいいこと」

メルセデスのバルテリ・ボッタスが、シャルル・ルクレール(フェラーリ)やマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がこの段階でチームとの契約を複数年にわたって延長したことに驚きはないと語った。 現在各F1チームとF1オーナー […]

2020/01/19

F1 | シャルル・ルクレール 「唯一のアイドルはアイルトン・セナ」

フェラーリのF1ドライバーを務めるシャルル・ルクレールは、幼少時代からの“唯一のアイドル”はアイルトン・セナだと明かした。 2018年にザウバーでF1デビューを果たしたシャルル・ルクレールは、2019年にフェラーリに移籍。2勝、7回のポールポジションを挙げて、... 続きを読む
広告

2020/01/17

「フェラーリがハミルトンと契約するとは思えない」と元チーム代表

2014年4月までフェラーリのF1チーム代表を務めていたステファノ・ドメニカリは、2021年にルイス・ハミルトン(メルセデス)がフェラーリに移籍するとは考えていないようだ。 フェラーリの会長を務めるジョン・エルカーンが昨 […]

2020/01/16

フェラーリのルクレール「ベッテルから学ぶことはまだたくさんある」

フェラーリのシャルル・ルクレールが、昨年は先輩チームメートのセバスチャン・ベッテルとの関係がぎくしゃくしたこともあったと認めたものの、2020年は一緒にもっとうまく戦っていきたいとの考えを示した。 フェラーリのアカデミー […]

2020/01/15

「今年はベッテルがルクレールに勝つことも可能だ」とゲルハルト・ベルガー

元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、2020年にはセバスチャン・ベッテルがシャルル・ルクレールに勝つ可能性も大いにあると考えているようだ。 レッドブル在籍時の2010年から2013年まで4年連続でF1チャンピオンと […]
広告

2020/01/15

F1 | 「ルクレールはフェルスタッペンよりも政治的なF1ドライバー」

元F1ドライバーであるゲルハルト・ベルガーは、マックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールは、現在のグリッドで最高のドライバーであるルイス・ハミルトンにはまだ追い抜いていないと語る。 ルイス・ハミルトンは今後数年間はF1を継続すると考えられてい... 続きを読む

2020/01/14

F1 | ルクレール 「モンツァでの勝利でフェラーリの歴史の一部になれた」

シャルル・ルクレールは、昨年のF1イタリアGPでの勝利によってフェラーリのF1の歴史の一部になったと感じたと語る。 シャルル・ルクレールは、夏休み後のF1ベルギーGPで初優勝。1週間後に行われたF1イタリアGPでは、メルセデスの両ドライバーの攻撃を抑え、フェラ... 続きを読む

2020/01/14

F1 | ルクレール 「モンツァでの勝利でフェラーリの歴史の一部になれた」

シャルル・ルクレールは、昨年のF1イタリアGPでの勝利によってフェラーリのF1の歴史の一部になったと感じたと語る。 シャルル・ルクレールは、夏休み後のF1ベルギーGPで初優勝。1週間後に行われたF1イタリアGPでは、メルセデスの両ドライバーの攻撃を抑え、フェラ... 続きを読む
広告

2020/01/13

F1 | シャルル・ルクレール、通好みなカスタムバイクを購入

フェラーリのF1ドライバーであるシャルル・ルクレールは、バイクに熱心であり、独自のカスタマイズされたバイクを新たに購入した。 F1ドライバーではルイス・ハミルトンのバイク好きが有名。ドゥカティと共同で設計したバイクを所有し、昨年にはバレンティーノ・... 続きを読む

2020/01/13

「フェルスタッペンは口を慎むことを学ぶ必要がある」とフラビオ・ブリアトーレ

かつてルノーのチーム代表を務めていたフラビオ・ブリアトーレが、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)には「口を慎む」ことを学ぶ必要があると語った。 レッドブルとフェルスタッペンが2023年まで契約を延長したこと […]

2020/01/13

フェラーリの若武者シャルル・ルクレール「今年はすごく重要なシーズンになる」

シャルル・ルクレール(フェラーリ)は、ルールが大きく変わる2021年に向けて今年が非常に重要なシーズンになるだろうと考えている。 2018年にアルファロメオ・ザウバーからF1デビューを飾ったモナコ出身ドライバーのルクレー […]
広告

2020/01/12

シャルル・ルクレールのフェラーリF1との長期契約は“異例”

フェラーリF1チームがシャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長したことは“異例”なことであり、フェラーリは将来のチームの中心となるドライバーを選んだとF1ジャーナリストのウィル・バクストンは語る。 昨年、フェラーリでの初年度でチームメイトのセバス... 続きを読む

2020/01/09

【フェラーリ】ベッテルと交渉する時間は十分にあるとチーム代表

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2021年のドライバーラインアップを急いで決めるつもりはないと示唆した。 とは言え、フェラーリはすでにシャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長したことを発 […]

2020/01/09

【フェラーリ】ベッテルと交渉する時間は十分にあるとチーム代表

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2021年のドライバーラインアップを急いで決めるつもりはないと示唆した。 とは言え、フェラーリはすでにシャルル・ルクレールとの契約を2024年まで延長したことを発 […]
広告

2020/01/06

ベッテルにとって2020年は“デリケートな年”になると元フェラーリ会長

フェラーリの元会長であるルカ・ディ・モンテゼーモロが、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)にとって2020年は“デリケート”な年になるだろうと語った。 フェラーリは昨年のクリスマス直前にシャルル・ルクレールとの契約を20 […]

2020/01/06

アラン・プロスト 「ルクレールはフェラーリF1で自分の価値を証明した」

4回のF1ワールドチャンピオンであるアラン・プロストは、シャルル・ルクレールはフェラーリですでに“自分の価値を証明した”と称賛する。 シャルル・ルクレールは、ザウバーでの1年の見習い期間を経て、2019年にフェラーリに加入。第2戦バーレーンGPで早くも優勝争... 続きを読む

2020/01/02

シャルル・ルクレール 「F1の未来はフェルスタッペンとの戦いだけではない」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、F1の未来は自分とマックス・フェルスタッペンとの戦いだけには収まらないと考えている。 当面はルイス・ハミルトンとの戦いとなるが、22歳のシャルル・ルクレールとマックス・フェルスタッペンはすでにF1のトップを争ってお... 続きを読む
広告

2019/12/25

シャルル・ルクレール、フェラーリF1との新契約で年俸は3倍にアップ

シャルル・ルクレールは、フェラーリF1チームと2024年まで契約を延長。新契約では年俸は3倍に跳ね上がったと報じられている。 2016年にフェラーリのドライバーアカデミーに加入したシャルル・ルクレールは、GP3でチャンピオンを獲得。翌年にはF2でタイトルを獲得... 続きを読む

2019/12/24

【フェラーリ】ルクレール「来年はベッテルとF1タイトル争いがしたい」

フェラーリのシャルル・ルクレールが、2020年はチームメートのセバスチャン・ベッテルとF1タイトル争いをしたいと語った。 フェラーリは2019年シーズンを迎えるにあたり、かつて4度F1王者となったベッテルをナンバー1ドラ […]

2019/12/24

「ルクレールは私の大きな誇り」自らの資金を投資したマネージャーがフェラーリF1での活躍を賞賛

 FIAのジャン・トッド会長の息子であり、シャルル・ルクレールをフェラーリ加入へ導いた立役者であるマネージャーのニコラス・トッドは、ルクレールのことを非常に誇りに思っているという。

 12月23日、フェラーリはルクレールと新たに5年間の契約を交わしたことを発表し、2度のグランプリ優勝経験者であるルクレールのフェラーリにおける将来は2024年末まで保証された。

 元F1ドライバーのフェリペ・マッサやダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)らのキャリアのマネージメントを経験しているトッドは、現在FIA-F2に参戦しているARTグランプリの共同創設者でもある。トッドは、カート時代からルクレールに関心を持ち見守っていたが、ルクレールの資金が枯渇したときに介入した。

「私はシャルルが14歳のときに契約した」とトッドは『Motorsport-Magazin』に語った。

「彼はカートをやめるべきだった。資金がなくなっていたのだ。しかし、私は彼を助けることにした」

「私は数年前にフェラーリに彼を紹介したが、今日では彼はフェラーリのドライバーだ。彼がただ紹介されたからフェラーリのドライバーになれたとは誰も言えないだろう。我々がやるべき仕事をやったから、彼はフェラーリにいるのだ」

「私にとって、シャルルのような人物は大きな誇りだ。彼はフェラーリに行き、結果を出しているという事実がある」

 ルクレールのケースで強調されるのは、投資や資金の回収が間に合うように、早い時期に若い才能の可能性に気づくマネージャーの必要性だ。

 2003年に設立されたトッドの会社『All Road Management』は定期的にジュニアランクのカテゴリーでスカウトを行なっており、現在も何人かの前途有望な若い才能の持ち主たちを抱えている。

 トッドはマネージメントをしている若手ドライバーたちに自らの資金を投じていることを明かし、「将来のスターに投資し、彼らの夢を実現することが好きなんだ」と述べた。

「そうしたやり方をしているマネージャーは私だけだ。それが私の特徴なのだ」

「これをやらなければいけない、あれもやらなければいけない、と言うのは簡単だ。自分のお金でなければ、『この家を買いなさい』とアドバイスできる」

「しかし『この家を買って、折半しよう』と言うだろうか? それはまったく異なることだ。もし私が誰かを信じたら、私は投資をする」

「もちろん、私は助けになるスポンサーを探す努力もしている。だがもしスポンサーが見つからなければ、投資しなければならないのは私だ」

「私はジュール(ビアンキ)にそうした。シャルルにもだ。私は特別だと感じるドライバーに対してはそうする」

 レッドブルの若手育成プログラムではよく見られることだが、ジュニアカテゴリーにおける若手ドライバーのパフォーマンスが将来の成功を保証するわけではないとトッドは認めた。

「間違いを犯すこともある。自分の選択ができる限り正しいものであるよう留意する必要がある。だが良い選択ばかりをすることはできない。数学的に言えば、それは不可能だ」

「レッドブルを見てみよう。彼らには過去15人のドライバーがいた。15人のうち、今日F1にいるのは2、3人だ」

「どこかしらで間違った選択をすることはある。そして私には15人のドライバーを抱える余裕はない。その予算がないからだ。だから私はひとりかふたりのドライバーを選び、自分の選択が正しかったことを期待するのだ」

広告

2019/12/23

ニコラス・トッド 「シャルル・ルクレールのF1キャリアを誇りに思う」

シャルル・ルクレールのマネージャーを務めるニコラス・トッドは、2024年までフェラーリF1との契約を延長したルクレールのキャリアを“誇りに思う”と語った。 ニコラス・トッドは、人生の大部分をF1の周りで過ごした。父親であるジャン・トッドは、フェラーリのF1... 続きを読む

2019/12/23

シャルル・ルクレール、フェラーリF1との契約を5年間延長。2024年までのチーム残留が確定

 12月23日(月)、スクーデリア・フェラーリはシャルル・ルクレールとの契約を5年間延長し、2024年までの契約を締結したことを発表した。

 2019年シーズンよりフェラーリの一員としてF1を戦ったルクレール。今年は第2戦バーレーンGPで自身初のポールポジションを獲得すると、最終的にはシーズンを遠して通算7回のポールポジションを獲得した。

 サマーブレイク明けの第13戦ベルギーGPでF1初優勝を飾ると、続く第14戦イタリアGPでもポール・トゥ・ウィン。フェラーリの地元で集まったティフォシを大いに湧かせた。

 2024年までのチームに残留することが決まったルクレールは、チームの公式サイトに次のようにコメントを寄せた。

「スクーデリア・フェラーリに留まることになってとても嬉しい。F1でもっとも有名なチームでドライブすることは、ずっと僕の夢だった」

「力一杯取り組んだエキサイティングな2019年を終えて、チームとのより深い関係性を楽しむことが待ちきれない。この将来に何があるのかを知りたいし、次のシーズンを戦うのが待ちきれないよ」

 ルクレールは2016年にフェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)に加入すると、GP3(現在のFIA-F3)でタイトルを獲得し、2017年にはFIA-F2を制した。2018年にアルファロメオ・ザウバーからF1にデビューしたルクレールは、第4戦アゼルバイジャンGPでこの年のベストリザルトとなる6位に入賞。F1デビューイヤーをドライバーズランキング13位で終えた。

 F1で2年目ながらもフェラーリに移籍し、2勝を挙げる活躍を見せたルクレールとの契約を延長したことについて、チーム代表を務めるマッティア・ビノットは次のようにコメントした。

「今年のレースを終えて、シャルルとの契約を延長したいという我々の希望は言うまでもなく明らかなものになった。この決定により、彼は次の5年間を我々と過ごすことになる。つまりシャルルとスクーデリアにはともに安定した将来があるということを示している」

「2016年にシャルルが我々のファミリーの一員となって以降、我々のアカデミーとともに非常に誇りに思える結果を残してきた。彼が今後も我々とともにいると発表できることを非常に嬉しく思う。我々はともに跳ね馬の歴史に新たなページを残すことができるだろう」

広告

2019/12/23

シャルル・ルクレール、フェラーリと契約延長「将来を楽しみにしている」

シャルル・ルクレールは、フェラーリF1チームとの契約を2024年シーズンまで延長。「将来を楽しみにしている」を語った。 2016年にフェラーリのドライバーアカデミーに加入したシャルル・ルクレールは、GP3でチャンピオンを獲得。翌年にはF2でタイトルを獲得したル... 続きを読む
1 2 3 4