セバスチャン・ベッテルの記事一覧

2019/12/14

セバスチャン・ベッテル、2021年にマクラーレンへの移籍を検討?

セバスチャン・ベッテルが、2021年にマクラーレンでF1キャリアを継続することを検討していると Marca が報じている。 セバスチャン・ベッテルは、フェラーリとの契約が2020年末で満了となるが、フェラーリの上層部は、2021年にベッテルのF1シートが2021年も空席に... 続きを読む

2019/12/13

【フェラーリ】2021年のドライバーラインアップについては5月初旬までに方向性を決めたい

フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2021年のドライバーラインアップに関しては来年の5月初旬には目処をつけるつもりだと示唆した。 2019年シーズン開幕前にはF1チャンピオン候補筆頭にさえあげられてい […]

2019/12/13

フェラーリF1代表、ベッテルとルクレールは「一触即発の状態ではない」と緊張関係を否定

 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールというドライバーラインアップの扱いが難しすぎるのではないかという意見に異を唱えている。

 2019年シーズンの間に、ベッテルとルクレールの緊張関係と衝突の兆しは強くなっていき、それがピークに達した第20戦ブラジルGPでは不名誉な同士討ちが起きた。その結果、あと残り6周を残すところで両者がレースをリタイアする事態となった。

 しかしビノットは、ベッテルとルクレールが対立しているとほのめかす報道は事実とはかけ離れていると考えており、「我々のドライバーペアは素晴らしい。一触即発のような関係にはない」とビノットはドイツの『Auto Motor und Sport』に語った。

「我々のドライバーは非常に速く、そして野心的だ」

「マシンを降りれば、セバスチャンとシャルルは互いに良くしている。それに良い雰囲気だ。外部から受ける印象はうわべだけのものだ」

「彼らは互いに話をし、情報を交換してオープンにしている。彼らふたりを管理するのが難しいなどと私は思わない」

 ビノットは、ふたりの間のライバル関係がポジティブなものであることが証明されたと主張した。今シーズン、チームは不調なスタートを切ったが、ルクレールはすぐに優れたパフォーマンスを発揮するようになった。そのことが、ベッテルが今年のマシン『SF90』に対して抱えていた問題から立ち直る役に立ったという。

「セバスチャンは自分のマシンに自信を持てなかった。特にブレーキングの時にリヤが不安定になっていた」

「自信を失ってしまったら、限界の力で走行することはできない。ダウンフォースを増やすほど、セバスチャンは自信を取り戻していった」

「彼のラップタイムは向上し、シャルルは彼にとっての優れた基準になったのだ。そのことが彼をさらに後押しした」

「セブ(ベッテルの愛称)には経験があるし、非常に分析的だ。彼は落ち着いて問題に取り組んだ。そして、自身とマシンを改善するために何をしなければならないかを理解した」

■「チームメイトと争う時はもう少し慎重になるべき」

 ビノットはまた、ベッテルがシーズン中に何度かマシンのコントロールを失っていたという説に反論した。

「一旦マシンに乗れば、ベストを尽くそうと思うものだ。そのことでドライビングスタイルに影響が出ることはない」

 ベッテルとルクレールの間には何ら問題はないと主張する一方で、ビノットはインテルラゴスでの恥ずべき同士討ちの再発は許されることではないと認めた。

2019年F1第20戦ブラジルGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がシャルル・ルクレール(フェラーリ)と接触しリタイア
2019年F1第20戦ブラジルGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がシャルル・ルクレール(フェラーリ)と接触しリタイア

「ブラジルでの出来事は起きるべきではなかった。たとえ小さな衝突であったとしても、大きな影響があったのだ。結局のところ、記録上フェラーリのポイントはゼロとなった。良いわけがない」

「あれは無謀な動きではなかった。だがチームメイトと競っている時には、もう少し慎重にならなければいけない」

「彼らはあの衝突が受け入れられないことであることを分かっているし、(ベッテルとビノットは)非公式の場でそのことを話し合った。彼らは我々がどこへ進もうとしているか承知している。そして常にチームが最優先であるということも理解しているのだ」

広告

2019/12/12

ベッテルが2021年もF1を続けるかどうかは分からないとバーニー・エクレストン

前F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、2010年から4年連続でF1チャンピオンとなったセバスチャン・ベッテルのモチベーションが下がってきたと考えているようだ。 2019年シーズン開幕前はタイトル獲得最有力候補だと見 […]

2019/12/09

ゲルハルト・ベルガー「フェラーリに必要なのはベッテルとルクレールをうまく管理すること」

元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、フェラーリにセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールという2人の速いドライバーがいるのは悪いことではないと考えている。 2019年シーズン開幕前にはベッテルがフェラーリのナン […]

2019/12/05

ベッテルは専門家に助言を請うべきだとマーク・ウェバー

オーストラリア出身元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がこれまでのF1キャリアにおいて「最も重要なオフシーズン」を迎えるにあたり、専門家のアドバイスを求める必要があると考えている。 […]
広告

2019/12/05

誰もがベッテルとルクレールの共存共栄を望んでいるとピレリCEO

F1公式タイヤサプライヤーであるピレリの最高経営責任者が、2020年にはフェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールが一緒にうまく戦ってくれることを「誰もが望んでいる」と語った。 ●2019年F1世界選手権ポ […]

2019/12/04

ビルヌーブが指摘した2019年にフェラーリが犯した失敗とは?

カナダ出身の元F1ドライバーであるジャック・ビルヌーブは、フェラーリが2019年のF1タイトル争いにつまずいてしまったのはシャルル・ルクレールをうまくコントロールできなかったためだと考えている。 ●2019年F1世界選手 […]

2019/12/04

【フェラーリ】来季はベッテルとルクレールを「自由に戦わせる」

フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2020年には2人のドライバーを「自由に戦わせる」と語った。 ●2019年F1世界選手権ポイントランキング 今季のフェラーリは、これまでに4度F1王者となったセバスチ […]
広告

2019/12/03

ベッテルが暴露!?「ハミルトンはすでにフェラーリドライバーだ」

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が、2020年シーズン限りでフェラーリを追い出されることになるかもしれないとのうわさにジョークで対応した。 ●2019年F1世界選手権ポイントランキング 最近、今季通算6回目のF1ドラ […]

2019/12/03

セバスチャン・ベッテル、F1引退の噂を流したメディアからの質問に皮肉

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、最終戦F1アブダビGPを終えて引退の噂を流したメディアを皮肉った。 F1アブダビGPでセバスチャン・ベッテルは、アレクサンダー・アルボンとの5位争いを制してフィニッシュ。チームメイトのシャルル・ルクレールが3位表彰台... 続きを読む

2019/12/03

【フェラーリ】2020年のベッテルはさらにやる気に満ちているはずだとチーム代表

フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットがセバスチャン・ベッテルは間違いなく来季もフェラーリで走ると主張した。 ●【決勝レース結果】2019年F1第21戦アブダビGP決勝レースのタイム差、周回数、ピット回数 2 […]
広告

2019/12/02

「F1トップドライバーたちは2021年にチームを変わるべきではない」とレッドブルのボス

レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、現在トップチームに所属しているドライバーたちは全員2021年F1シーズンも同じチームにとどまるべきだと語った。 ●【決勝レース結果】2019年F1第21戦アブダビG […]

2019/12/02

セバスチャン・ベッテル 「今年は望んでいたような1年ではなかった」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGPの決勝レースを5位でフィニッシュ。ドライバーズランキング5位でシーズンを終えた。 「スタートでは行き場がなかったし、DRSが機能しなかったことが助けにならなった。マックス(フェルスタッペン)よりもタイ... 続きを読む
広告

2019/12/01

セバスチャン・ベッテル 「他と異なるソフトで活路を見い出したい」

セバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGPの予選を5番手タイムを記録。3強ドライバーのなかでは唯一のソフトタイヤで4番グリッドからレースをスタートする。 「明日は4番手からスタートすることになるけど、今日のQ3は理想的ではなかった。僕たちは最終セクターで... 続きを読む

2019/11/30

セバスチャン・ベッテル 「今週は初めて家にいたいと思った」

フェラーリのF1ドライバーであるセバスチャン・ベッテルは、今週末は家にいたかったと認める。 セバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGPの直前に第3子となる長男が誕生。木曜日に出席が予定されていたFIA記者会見を欠席している。 「たぶん、今回は僕も家にい... 続きを読む
広告

2019/11/30

セバスチャン・ベッテル 「中低速コーナーでライバルに劣っている」

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGP初日のフリー走行を4番手タイムで終了。改善ポイントとして中低速コーナーを挙げた。 「このサーキットの中低速コーナーでは、ライバルに比べて僕たちはまだスピードが不足している。セクター3が本当に響いて... 続きを読む
広告

2019/11/29

セバスチャン・ベッテル、第3子誕生で木曜記者会見をキャンセル

セバスチャン・ベッテルに第3子となる男の子が誕生。アブダビGPの木曜日に予定されていたスケジュールをキャンセルした。 セバスチャン・ベッテルは、高校時代からの交際しているハンナ・プラターとの間に、2014年に長女エミリーを、2015年には次女のマチルダと二... 続きを読む

2019/11/28

フェラーリF1チーム代表が主張「実際のところベッテルとルクレールは仲がいい」

フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールはいい関係にあると主張した。 インテルラゴス・サーキットで行われた前戦F1ブラジルGPではレース終盤にベッテルとルクレール […]

2019/11/28

フェラーリF1チーム代表が主張「実際のところベッテルとルクレールは仲がいい」

フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールはいい関係にあると主張した。 インテルラゴス・サーキットで行われた前戦F1ブラジルGPではレース終盤にベッテルとルクレール […]
広告

2019/11/28

ベッテル「もしF1を辞めるなら2度と戻らない」と決心を明かすも、繰り返される引退の噂を否定

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、もし彼がF1から引退する時はその決心が変わることはなく、F1に復帰することはないと明らかにした。

 32歳で4度のF1世界チャンピオンであるベッテルは、厳しい2019年シーズンを締めくくろうとしている。ベッテルは、2019年はチームメイトであるシャルル・ルクレールとの戦いによるプレッシャーや、それに誘発されたいくつかの痛恨のミスで加わったプレッシャーと戦わなければならなかった。

 ドイツの通信社『DPA』とのインタビューで、F1にいるには年を取り過ぎたかと聞かれたベッテルは、モータースポーツの最高峰であるF1における12年間のレース生活の後でも、彼のモチベーションは損なわれていないと主張した。

「年齢については、他のスポーツほど僕たちにとって決定的で重要なものだとは思っていない」とベッテルは語った。

「もし十分に優秀なら、まだ十分に若いということだ。12年後のある時点で、今後何が起きるのかについて考えるようになる」

 ベッテルは、次に何をするのかあらかじめ計画してから、自身のやり方でレース人生を終えることが彼にとって重要なのだと主張した。

「つまり、自分が決定に満足して、『もう十分だ』と言える状態であることだ」

「将来の計画がないのに、自分の人生にとってこれほど重要なことを辞めるというのは、良い考えだとは思わない」

 ベッテルとフェラーリとの現行の契約は2020年末までとなっている。彼がいつF1のパドックを去るのかにかかわらず、選択は最終的なものになる。

「僕にははっきりしている。もし辞めるなら、僕はそこで終わりにして2度と戻らない。満足して『これで終わりだ』と言えるようでなければならない」

 しかしベッテル自身は、評論家の予測をよそに引退の計画は選択肢にないと主張している。ベッテルのファンは安心していいだろう。

1 2 3