フェラーリの記事一覧

2019/12/14

フェラーリ、F1ドライバー育成プログラムに女性ドライバーの追加を検討

フェラーリは、F1ドライバー育成プログラムであるフェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)に女性ドライバーの追加を検討している。 フェラーリは、長年にわたって経験豊富なF1ドライバーを起用してきたが、2020年に2年目のシャルル・ルクレールを起用。フェラ... 続きを読む

2019/12/14

フェラーリ 「トト・ヴォルフのF1トップ就任の動きは阻止する」

フェラーリは、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフが、チェイス・キャリーの後任としてF1のCEOに就任する動きがあれば阻止するつもりだと語る。 2021年の新しいF1レギュレーションの導入が成功した場合、チェイス・キャリーは退任し、後任としてトト... 続きを読む

2019/12/14

フェラーリ 「2020年F1マシンは空力とエンジンを大幅に改修」

フェラーリが2月11日に発表する2020年F1マシンは、空力とエンジンに大幅な変更が加えられるようだ。 フェラーリは全チームに先駆けて2020年F1マシンの発表日を公表。実際、2月11日はプレシーズテスト開始の8日前となり、全チームで最初の発表になる可能性が高いが... 続きを読む
広告

2019/12/13

【フェラーリ】2020年型マシンは空力もエンジンも大きく変わる

フェラーリは2020年型F1マシンを来年の2月11日(火)に公開することを明らかにしたが、そのマシンは2019年型マシンにかなり手を加えたものになるようだ。 来年は2月19日(水)からバルセロナで1回目のシーズン前公式テ […]

2019/12/13

フェラーリF1、“不正行為”発言のマックス・フェルスタッペンの起用を除外

フェラーリF1チームは、マックス・フェルスタッペンのドアを閉めた。 フェラーリのF1チーム代表マッティア・ビノットとCEOのルイ・カミレッリは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルのF1シートが2021年も空席になる可能性があることを認めている。 続きを読む

2019/12/13

「フェルスタッペンがうちに来ることなどできない」とフェラーリCEO

マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が2021年にフェラーリに移籍する可能性はかなり小さいようだ。 フェラーリ本部があるマラネロでチーム恒例の年末夕食会が催されたが、そこでフェラーリCEOのルイス・カミレリと […]
広告

2019/12/13

フェラーリF1、5月上旬に2021年のドライバーラインナップを検討

フェラーリのCEOであるルイ・カミレッリは、フェラーリでのセバスチャン・ベッテルの未来に暗雲が立ち込めていることを認める。 ルイス・カミレッリが“長期契約”を持っていると語る若いチームメイトのシャルル・ルクレールの出現により、4度のF1ワールドチャンピ... 続きを読む

2019/12/13

【フェラーリ】2021年のドライバーラインアップについては5月初旬までに方向性を決めたい

フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットが、2021年のドライバーラインアップに関しては来年の5月初旬には目処をつけるつもりだと示唆した。 2019年シーズン開幕前にはF1チャンピオン候補筆頭にさえあげられてい […]

2019/12/13

フェラーリF1代表、ベッテルとルクレールは「一触即発の状態ではない」と緊張関係を否定

 フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールというドライバーラインアップの扱いが難しすぎるのではないかという意見に異を唱えている。

 2019年シーズンの間に、ベッテルとルクレールの緊張関係と衝突の兆しは強くなっていき、それがピークに達した第20戦ブラジルGPでは不名誉な同士討ちが起きた。その結果、あと残り6周を残すところで両者がレースをリタイアする事態となった。

 しかしビノットは、ベッテルとルクレールが対立しているとほのめかす報道は事実とはかけ離れていると考えており、「我々のドライバーペアは素晴らしい。一触即発のような関係にはない」とビノットはドイツの『Auto Motor und Sport』に語った。

「我々のドライバーは非常に速く、そして野心的だ」

「マシンを降りれば、セバスチャンとシャルルは互いに良くしている。それに良い雰囲気だ。外部から受ける印象はうわべだけのものだ」

「彼らは互いに話をし、情報を交換してオープンにしている。彼らふたりを管理するのが難しいなどと私は思わない」

 ビノットは、ふたりの間のライバル関係がポジティブなものであることが証明されたと主張した。今シーズン、チームは不調なスタートを切ったが、ルクレールはすぐに優れたパフォーマンスを発揮するようになった。そのことが、ベッテルが今年のマシン『SF90』に対して抱えていた問題から立ち直る役に立ったという。

「セバスチャンは自分のマシンに自信を持てなかった。特にブレーキングの時にリヤが不安定になっていた」

「自信を失ってしまったら、限界の力で走行することはできない。ダウンフォースを増やすほど、セバスチャンは自信を取り戻していった」

「彼のラップタイムは向上し、シャルルは彼にとっての優れた基準になったのだ。そのことが彼をさらに後押しした」

「セブ(ベッテルの愛称)には経験があるし、非常に分析的だ。彼は落ち着いて問題に取り組んだ。そして、自身とマシンを改善するために何をしなければならないかを理解した」

■「チームメイトと争う時はもう少し慎重になるべき」

 ビノットはまた、ベッテルがシーズン中に何度かマシンのコントロールを失っていたという説に反論した。

「一旦マシンに乗れば、ベストを尽くそうと思うものだ。そのことでドライビングスタイルに影響が出ることはない」

 ベッテルとルクレールの間には何ら問題はないと主張する一方で、ビノットはインテルラゴスでの恥ずべき同士討ちの再発は許されることではないと認めた。

2019年F1第20戦ブラジルGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がシャルル・ルクレール(フェラーリ)と接触しリタイア
2019年F1第20戦ブラジルGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)がシャルル・ルクレール(フェラーリ)と接触しリタイア

「ブラジルでの出来事は起きるべきではなかった。たとえ小さな衝突であったとしても、大きな影響があったのだ。結局のところ、記録上フェラーリのポイントはゼロとなった。良いわけがない」

「あれは無謀な動きではなかった。だがチームメイトと競っている時には、もう少し慎重にならなければいけない」

「彼らはあの衝突が受け入れられないことであることを分かっているし、(ベッテルとビノットは)非公式の場でそのことを話し合った。彼らは我々がどこへ進もうとしているか承知している。そして常にチームが最優先であるということも理解しているのだ」

広告

2019/12/13

フェラーリ首脳「2021年に向けベッテルのモチベーションを確認」ハミルトンとの会談の重要性は否定

 フェラーリ社CEOのルイス・カミッレーリは、2019年に入って同社会長ジョン・エルカーンとルイス・ハミルトンが話をしたのは事実だが、2021年のF1ドライバーラインアップ決定において大きな意味を持つ話し合いではなかったと語った。

 メルセデスF1チームのハミルトンがエルカーン会長と会って話をしたことが、2019年F1シーズン最終戦アブダビGPの週末に明らかになった。それにより、2020年末でメルセデスとの現契約が切れた後、ハミルトンがフェラーリに移籍するのではないかという推測が高まっている。

 ハミルトン、バルテリ・ボッタス、セバスチャン・ベッテル、マックス・フェルスタッペンをはじめとする大勢のドライバーたちが、2020年末にそれぞれのチームとの契約期間の終了を迎える。

 2021年のフェラーリのラインアップにも注目が集まっているが、メディアを招いたクリスマスランチの場で、カミッレーリCEOは、ハミルトンとの会合の重要性を否定、ある社交行事において会話をかわしたにすぎないと語った。

「あれはある社交的な催しでのことだった。それが大げさに騒ぎ立てられている。ふたりに共通の友人がいただけのことだ」とカミッレーリCEOは述べた。

■フェラーリ「2021年ラインアップの決定は急がない」ルクレールとは長期契約

 フェラーリは2019年に加入したシャルル・ルクレールとは長期的な契約を結んでいるというが、チームメイトのセバスチャン・ベッテルとの契約は2020年末までとなっている。ベッテルとの契約を延長するのか、他のドライバーを起用するのかの判断が迫られる状況だが、急いで決めるつもりはないと、カミッレーリCEOは述べた。

「我々はひとりのドライバー(ルクレール)と長期契約を結んでおり、もうひとりのドライバー(ベッテル)との契約は2020年末で切れる」

「他のドライバーたち、特にルイスが我々のチームに入ることを希望してくれることを非常に光栄に思う。だが、今の段階で決めるのは時期尚早だ」

2019年F1第20戦ブラジルGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 フェラーリ代表マッティア・ビノットは、ベッテルとの契約については、彼の意向とチームの方向性を確認した上で検討していくと述べている。

「何度も申し上げているとおり、私は今のラインアップで戦えることを幸運だと思っている」とビノットが語ったとFormula1.comが伝えた。

「セブについては、今後彼がどうしたいのかを理解しなければならない。それを確認するために、じっくり話し合いを行っていく必要がある」

「来年、戦略がどう展開するかを見ていく。パフォーマンスもそうだが、彼がマシンにどれだけフィットするか、今後に向けたモチベーションがどうかを確認しなければならない」

「つまり、彼がミスを犯すかどうかの問題ではない。彼が未来の自分をどう見るか、我々がラインアップをどう考えるかという問題なのだ」

2019/12/13

フェラーリCEO 「ルイス・ハミルトンとの面談は大袈裟に騒がれすぎ」

フェラーリのCEOを務めるルイ・カミレッリは、今年初めにジョン・エルカン会長とルイス・ハミルトンとの間で行われた面談は“大袈裟に騒がれ過ぎ”だと語った。 最終戦F1アブダビGPの週末、ルイス・ハミルトンとフェラーリのジョン・エルカン会長が2019年に2度の面... 続きを読む

2019/12/13

フェラーリF1、2020年型マシンの発表日を決定。早期ローンチのプランを代表が明かす

 スクーデリア・フェラーリが、他チームに先駆けて、2020年F1マシンの発表日を明らかにした。

 チーム代表マッティア・ビノットは、フェラーリのクリスマスメディアランチにおいて2月11日火曜日にニューマシンを披露すると発言、チームはSNSを通してそれを正式に認めた。

 ビノットは、早い段階でローンチ仕様のマシンを披露し、テスト開始までの間に開発を進めると述べている。

「(2020年は)極めて早い段階でマシンを発表する」とビノット。
「我々が一番乗りになるだろう。マシンの披露を行ってから開発を進める理由は、バルセロナテストの前にいくつかダイナモでの認証が必要だからだ」

「2020年2月11日にマシンを発表する。その後、ベンチテストの集中的なプログラムを実施してから、バルセロナに向かう」

 2020年のカレンダーがF1史上最多の22戦に拡大された関係で、プレシーズンテストは2日減らされ、合計6日間に定められた。テストは2回、いずれもスペイン・バルセロナで行われ、1回目は2月19日から21日、2回目は2月26日から28日に開催される。2020年シーズンは、3月15日のオーストラリアGPで幕を開ける。

 フェラーリは2019年もメルセデスと破ることができず、235点の大差でコンストラクターズ選手権2位にとどまった。2020年に悲願のタイトル獲得を達成できるかが注目される。

広告

2019/12/12

フェラーリ、2020年F1マシンを2月11日に発表

フェラーリは、2020年F1マシンを2月11日(火)に発表することを明らかにした。 フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フェラーリ恒例のクリスマスランチで2020年F1マシンの発表日を公開。全チームのなかで最初に来季のF1マシンの発表日を明ら... 続きを読む

2019/12/12

ベッテルが2021年もF1を続けるかどうかは分からないとバーニー・エクレストン

前F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、2010年から4年連続でF1チャンピオンとなったセバスチャン・ベッテルのモチベーションが下がってきたと考えているようだ。 2019年シーズン開幕前はタイトル獲得最有力候補だと見 […]

2019/12/11

「ハミルトンが加入してもフェラーリはそれほど変わらない」とピレリ

F1の公式タイヤサプライヤーであるピレリのCEOを務めるマルコ・トロンケッティ・プロベラは、噂されているルイス・ハミルトンのフェラーリ移籍が実現してもフェラーリは“それほど大きく変わらないだろう”と語えう。 ルイス・ハミルトンとメルセデスとの契約は2020... 続きを読む
広告

2019/12/11

フェラーリF1代表 「2020年シーズンにむけて大幅な変更は必要ない」

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、今シーズンを犠牲にした過ちを防ぐために大幅な変更は必要はないが、チームはミスから学び、それらに対処していかければならないと主張する。 フェラーリは、夏休み後のF1ベルギーGPで今季初勝利を挙げ... 続きを読む

2019/12/11

フェラーリF1がeスポーツ参戦初年度にタイトルを獲得。コンストラクターズ部門はレッドブルが制す

 F1のeスポーツシリーズのチャンピオンを決めるシーズン最終戦が12月4日にロンドンで開催され、2019年シーズンはフェラーリのデイビット・トニッツァがタイトルを獲得。フェラーリはeスポーツ参戦1年目での戴冠を達成した。

 トニッツァは、ランキング2位のフレデリック・ラスムッセン(レッドブル)に26ポイントの差をつけて最後の3レースを迎えた。ところが第10戦鈴鹿、第11戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズでラスムッセンが2連勝を飾り、ラスムッセンがランキング上でトニッツァを逆転。トニッツァは4ポイント差でラスムッセンを追いかける状況で最終戦に臨んだ。

 舞台となったインテルラゴスでポールポジションからレースをスタートしたトニッツァは2位に入賞と、優勝には届かなかった。しかしラスムッセンが10位に終わり、獲得ポイントも1ポイントにとどまったため、トニッツァがランキングトップの座を取り戻して2019年シーズンのチャンピオンを勝ち獲った。

 最終的な獲得ポイント数は、トニッツァが184ポイント、2位のラスムッセンが171ポイント、3位のダニエル・ベレズナイ(アルファロメオ)が128ポイントだった。コンストラクターズランキングでは、レッドブルが246ポイントを獲得してタイトルを獲得した。

 フェラーリはこの2019年シーズンよりeスポーツに参戦しており、既存のF1チームのなかでは最後にeスポーツへの参戦を表明したチームだ。フェラーリF1チームの前チーム代表マウリツィオ・アリバベーネはeスポーツ参戦に否定的な立場だったが、現在チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、eスポーツシリーズへの参戦を“真剣に”考えていたと明かしていた。

2019/12/11

「ライバルはフェラーリF1を動揺させようとしただけ」疑惑表明は策略と代表が主張

 フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットは、2019年後半のフェラーリのパワーユニットにまつわる憶測は、チームにプレッシャーをかけようというライバルチームの策略にすぎないと主張している。

 フェラーリはF1の夏季休暇後に突如としてパフォーマンスを向上させたため、ライバルチームはパワーのアドバンテージの理由がどこにあるのか、解明しようとした。

 レッドブルからの問い合わせによって、FIAはエンジンのパワーを向上させるための仕掛けに関し規則の明確化を行うため、一連の技術指令書を発行した。

 しかしビノットは、フェラーリに対するライバルチームの疑念はおそらく見せかけだけのものであり、フェラーリにプレッシャーをかけて”動揺”させようという策略でしかないと主張した。

「彼らが本当に我々を疑っていたのかどうか分からない」とビノットはドイツの『Auto Motor und Sport』に語った。

「彼らはおそらく状況を利用して我々にプレッシャーをかけたのだろう。プレッシャーをかければ動揺させることができる。これは敵を混乱させようという、F1のゲームの一部だ」

「我々のやっていることは、競技と技術競争だけではない。敵に痛手を与えられることは、何でも利用するのだ」

2019年F1アブダビテスト シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2019年F1アブダビテスト シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 アメリカGPの週末には、FIAが最初の技術指令書を出した24時間後の決勝日に、フェラーリがストレートスピードにおけるアドバンテージを失ったことで、不正があったのではないかという説が浮上した。

 ビノットは、ライバルチームがフェラーリは競争力を失ったと指摘したことは正しいが、その理由が間違っていると語った。

「彼らは間違った結論を下した」とビノットは言う。

「我々はエンジンの使用条件を変えてはいなかった。ダウンフォースをさらに生み出すことで、ドラッグが増加した。そのため、我々はコーナーでは速かったが、ストレートでいつもより遅くなった」

 ビノットは、フェラーリのエンジニアたちが2019年にエンジン面で達成した進歩を誇りに思っているが、チームのパワーユニットには50馬力のアドバンテージがあるというライバルたちの主張は間違っていると語った。

「真実はその数値からはほど遠い」とビノットは付け加えた。「最大でも20馬力だと思うが、それでもかなりの数値だ」

「エンジンパフォーマンスが近づいていることを考えれば、20馬力は大きなアドバンテージであり、予選と決勝で助けになる」

「私は今年の開発を誇りに思っている。2014年のハイブリッド元年のことは忘れていない。メルセデスとの差は大きかった。80馬力を超えていたのだから!」

「我々はマラネロのファクトリーで、この差を埋めるために途方もない努力をしてきた。この分野で我々は素晴らしい仕事をしたと断言できる」

広告

2019/12/10

「フェラーリの方がメルセデスよりプレッシャーが高い」と元F1ディレクター

メルセデスF1チームでテクニカルディレクターを務めていたアルド・コスタは、フェラーリ時代の方がプレッシャーが高い職場環境だったと語る。 アルド・コスタは、キミ・ライコネンが2007年にフェラーリにとって最後のタイトルを獲得した際にテクニカルディレクタ... 続きを読む

2019/12/10

「フェラーリの方がメルセデスよりプレッシャーが高い」と元F1ディレクター

メルセデスF1チームでテクニカルディレクターを務めていたアルド・コスタは、フェラーリ時代の方がプレッシャーが高い職場環境だったと語る。 アルド・コスタは、キミ・ライコネンが2007年にフェラーリにとって最後のタイトルを獲得した際にテクニカルディレクタ... 続きを読む

2019/12/10

「フェラーリへのプレッシャーはほかのF1チームとは違う」と元エンジニア

2人の元フェラーリエンジニアが、フェラーリにかかるプレッシャーはほかのF1チームよりもかなり大きいのは確かだと語った。 そのうちの1人は、今季までメルセデスのテクニカルアドバイザーを務めていたアルド・コスタだ。コスタは今 […]
広告

2019/12/10

もしハミルトンが加入してもフェラーリは「それほど変わらない」とピレリのボス

現在F1公式タイヤサプライヤーを務めているピレリの最高経営責任者が、もしルイス・ハミルトンがフェラーリに移籍してもイタリアの名門チームは「それほど大きく変わらないだろう」と語った。 ハミルトンと所属チームであるメルセデス […]

2019/12/10

「ライバルチームたちは我々を動揺させようとしていた」とフェラーリF1チーム代表

フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、2019年シーズン中にライバルチームたちがフェラーリエンジンの合法性に疑問を呈したのは自分たちに「プレッシャーをかけるため」だったのだと考えている。 ライバルチームた […]

2019/12/10

フェラーリF1代表 「不正行為疑惑はプレッシャーをかけるための策略」

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ライバルからのF1エンジンで不正行為をしていたとの非難は、フェラーリにプレッシャーをかけるための策略だったと考えている。 フェラーリは夏休み後にF1エンジンのパフォーマンスが大幅に向上。しかし... 続きを読む
広告

2019/12/09

ゲルハルト・ベルガー「フェラーリに必要なのはベッテルとルクレールをうまく管理すること」

元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、フェラーリにセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールという2人の速いドライバーがいるのは悪いことではないと考えている。 2019年シーズン開幕前にはベッテルがフェラーリのナン […]
1 2 3 4 5 12