【情報セキュリティ】個人データ持ち出しにGPS付き専用ケース 尼崎USB紛失受け名取市が導入

 

個人データ持ち出しにGPS付き専用ケース 尼崎USB紛失受け名取市が導入

これじゃない感がすごい。

 市によると、バッグは3個導入(1個約1万円)。担当者が個人情報データを暗号化したDVDなどを持ち運び、受け渡し先に到着したら、ダイヤルキーの番号を市役所から電話で伝えられるという。

まず、外部との個人情報の受け渡しをするな。基本ができていない。

 外部とデータをやりとりする場合は専用回線を通じて行うのが原則だが、給付金制度の創設などで新しいシステムを構築する際に持ち運ぶことがある。山田司郎市長は同日の定例記者会見で「個人情報の保護とビッグデータの利活用という両輪を進めていきたい」と話した。

原則があるのなら、原則を曲げるな。

まず、間違っている。新しいシステムを構築する際にデータの受け渡しが必要なら、なぜ持ち出す必要がある?

交換キー方式で暗号化して、専用回線を引けよ。別に、常時回線じゃなくてもいいだろう?

民生の回線で、VPNを構築すればいい。ただそれだけなのに、なぜ安全にならないほうに舵を切るのかわからない。

開発に関してや、時事ネタ。F1関連の戯言を呟いています。
小説アカウントでは、宣伝をメインに積読本や購入予定の書籍を呟いています。